AUKEY PL-A4

2017年03月17日 00:05

というわけで、変デジ研究所さんの企画で、AUKEYさんのPL-A4をいただいたので使って見ました。

AUKEY PL-A4
 AUKEY PL-A4 posted by (C)Air



 これはスマートフォン用のレンズで、iPhoneやXperiaで使えると書かれています。

 が、基本的にスマートフォンであれば、どのモデルにも使えるので、isai vividで
 さっそく使ってみました。まぁ、写真向けに特化したスマートフォンなので、この
 手の撮影は楽しいですからね。


オオイヌノフグリ

まずはマクロ。24Xマクロで撮影したオオイヌノフグリです。中心部の解像力は十分で、背景のボケも十分としっかりマクロレンズしているのが特徴といえば特徴ですね。スマートフォンでここまで背景がボケるのは見事だとは思います。

ナズナ
ナズナ posted by (C)Air

こちらはナズナ。春の七草の小さい花が集まっているあの花、それを24Xマクロで撮影しています。こういった花をまじまじと見る機会自体が少ないと思うので、こういった写真がスマートフォンで撮れるのは楽しめると思います。

が、isai vividではピントがなかなか合わないという弱点もあり、カメラを近づけたり遠ざけたりするので大変でした(苦笑) これがなければもうちょっとマクロは勧めやすいんですけどね(笑)

超広角で河津桜

好き嫌いが分かれる描写になるのがこの広角。レンズ周辺部は完全に流れてしまっているので、こういった被写体に接近して撮影するようなケースは得意とは言えない状況ですね。ただ、日の丸構図で中心に主役を持ってくると、それはそれで強調されて面白いのですが。

河津桜 魚眼

そして魚眼。個人的にはこの魚眼が面白くて好きだな~。一眼レフとは流石に比較できないのですが、このレベルの解像力で魚眼というのは気軽に楽しめるアイテムという印象ですね。

魚眼は毎日持ち歩くのでも楽しいかも。

醤の郷 -小豆島町-

2017年03月12日 22:18

小豆島というと醤油も特産品の一つです。街を挙げて醤の郷として売り出しているのも特徴ですね。

ヤマヒサ醤油

ここはヤマヒサ醤油。お休みだったのか、お昼時だったのか、人が少ない中、相手をしていただきました。オリーブの花から酵母を取り出し、醤油に活かした花びしおなどが有名な醤油会社です。研究開発に熱心な印象を受けました。

ヤマヒサ醤油 杉樽

研究開発が熱心という印象があっても、伝統も大切にしていると感じるのがこの杉樽。これで発酵させて醤油を作るわけですが、この杉樽、飾りじゃなくて、実際に使用されているとのこと。風通しを良くするためにドアを開けているんですかね、驚きました。

金両醤油

こちらは金両醤油。女性が経営者ということもあって、容器がおしゃれだったり、実際の料理を想像させるような商品構成が多いのが特徴ですね。だし醤油や、ガーリックオイルと醤油を組み合わせてみるなど、料理に使ってみたいと思わせるラインナップが特徴です。

ここでは、仕込んだばかりの醤油樽を見させていただきました。香りも良いし、色も綺麗でしたね。

家島諸島

帰りは福田港から姫路へ。家島諸島と眺めながら、姫路港に向かいます。

さらば瀬戸内海!

少し傾いてきた太陽と、船の軌跡を眺めながら、瀬戸内海に別れを告げます。う~ん、もう少ししっかり写真を撮りたいし、渓谷も回ってみたかったな~というわけで、そのうちまた来るかもしれません(笑)

姫路駅から姫路城を望む

姫路駅に着いた頃はすっかり夜に。ライトアップされた姫路城も綺麗でした♪

ギリシャ風車と白い海岸

2017年03月05日 11:35

小豆島って見どころがたくさんあるよねってことで、エンジェルロードの次はオリーブ公園へ。ここの定番ともいえる場所がギリシャ風車です。

ギリシャ風車

一般的なオランダ風車とはまた違う印象だけど、これはこれで風車としての趣があって良いですね。白い壁が青い空にも、オリーブの緑にも映えるし。

定番の構図らしい。

定番ともいえる、海に向かっての写真も撮ったけど、これは時間帯や季節も絡むので、うまく撮るのはちょっと難しいところ。もう少し日が高く上る季節でないと厳しいかもしれないですね。とはいえ、、海も含めて気持ちが良かった~♪

海へ向かう小路

海へ向かう小路をてくてくと歩きます。オリーブ畑の中を歩くような感じになるのですが、こういった細い小路を歩くと、瀬戸内海の街という印象がするのは、勝手なイメージでしょうか(苦笑)

青い海、白い砂浜

小豆島観光協会前の砂浜です。
ここ、波も穏やかで、気持ちの良い風景が広がっています。海の色を見ると、それほど浅いところではないと思うのですが、ちょっとした波乗り程度は楽しめそうですね。

エンジェルロード -小豆島-

2017年03月01日 00:04

朝早くに高松港を出港して小豆島に向かいます。まだ夜明け前なんだけどね。

夜明け前の航路を往く

小豆島に近づくとブルーアワーが始まります。つく頃に日の出ですね。

ブルーアワー

小豆島、土庄港に到着すると、あとはバスに乗ってまずはエンジェルロードへ。

エンジェルロード

恋人たちの聖地になっているらしく、カップルが多かったですね。次に多かったのが中国からの観光客かな。国際的な島という印象ですね。


ここでは動画もしっかり撮ってます。まぁ、まだまだ動画はイマイチの腕前ですけどね(苦笑)

エンジェルロード

展望台から見るエンジェルロードも格別でした。ここはまた来たい場所ですね。時間をかけて撮影したいところです。

南国にゃんこ

日差しを避けるように木の影にいる猫さんも可愛かったです。人に慣れた子だったので、たっぷり撫でてきました(笑)

屋島

2017年02月26日 23:01

源平合戦で那須与一の話で有名な屋島です。ここ、展望が良いので見ていて楽しいですね。

屋島から小豆島方面に臨む

小豆島方向を見ているのですが、こちらのフェリーは神戸行きかな?小豆島行きだと島の向こうを通りますからね。この島が多くある風景が瀬戸内海のイメージにぴったりと合うのですが、この辺りはまだまだ入り口ですかね。

高松港
高松港 posted by (C)Air

高松港のほうを見るとさらにフェリーが。瀬戸内海が海を中心に交通手段が発達しているのがわかりますね。明日は高松港からフェリーで小豆島に向かう予定なので、あそこから出向するのか~と眺めてました。

瑠璃宝の池

血の池ともいわれる瑠璃宝の池ですね。源平合戦の時、血に濡れた刀を洗ったら、血の色に染まったという池です。とはいえ、壇ノ浦で戦った際の刀をここまできて洗うってどうなんだろうという気もするんですけどね。

琴電屋島駅

少し日が傾いてきた時間の琴電屋島駅。駅の構内に踏切があるタイプなので、電車が来ていないときはこんな写真も撮ることができます。標準軌なので、新幹線と同じ幅の線路ですね。小さな駅にこの幅の線路はちょっと新鮮でした。



最新記事