時間とともに変わる光景 -奥秩父 中津川渓谷-

2016年12月01日 23:00

渓谷・・・というか、風景で特にポイントになるのはやはり時間とともに色も見え方も変わっていくところですね。なので、同じ道を通って帰るにしても新しい発見があるのが、楽しめるポイントです。


朝は雲も多いし、明るさが足りなくても、昼過ぎには明るくなっていますからね。なので、朝は気にならなかったこんな風景も、絶景ポイントに変わるのが良いところです。

爪痕と紅葉

朝はこの崩れたところは影に入ってしまっていて気にならなかったのですが、午後になって気持ちのいい風景を見せてくれました。

自然の力

崩落は良いとは言えないのですが、それでも崩落した後と、その周囲の樹々はやっぱり綺麗だと思いますしね。この風景が気軽に見れるのが奥秩父の魅力ですね。

秋のカエデ

秩父の特産品はカエデの樹液を使ったメープルシロップですが、この地域でもカエデをちらほら見ることができます。メープルシロップ用に採取しているのはこの辺りではないと思うけど、奥秩父はカエデが比較的多い地域なので、斜面に赤のワンポイントを置いてくれます。

中津川
中津川 posted by (C)Air

樹々の間からみる川の流れも、光の反射が見事になるのが午後です。夕方になると今度はカラマツの林が金色に染まるので、時間が許すのならバンガローを借りて、のんびりするのも良いところですね。

渓谷の紅葉

そして逆光での撮影。かなり厳しい条件だったので、ハレきりを丁寧にやって、あとは逆光耐性の優れたレンズを信じてシャッターを切るだけなのですが、個人的には気持ちよく撮影できた一枚になりました。やっぱりこれくらい撮れると楽しいですね。

スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://skypalace.blog76.fc2.com/tb.php/771-a661a169
    この記事へのトラックバック


    最新記事