秩父鉄道 パレオエクスプレス

2016年08月22日 00:03

時々、SLに乗りたくなるわけで、ネット予約してパレオエクスプレスに乗ってきました。

車窓
車窓 posted by (C)Air

やはり醍醐味は窓を開けて、機関車の音を感じて、匂いを感じて・・・なので、窓を開けて、車窓から外を眺めながら出かけます。ちなみに天然水はお茶の粉を入れて緑茶にしてあります(笑)


熊谷から乗ってはいるのですが、やはり見どころは波久礼駅を過ぎてからのカーブ+若干の登り坂。実はSLは傾斜に、かなり弱いので動輪の引っ張る力を感じられるほどの奮闘ぶりで登ってゆきます。ちなみにここ、当然カーブなので窓から顔もカメラも出さずに安全に機関車が引っ張るところを見れるスポットだったりします。


長瀞を過ぎると今度は荒川鉄橋。ここではライン下りと交差します。ここも楽しめるポイントの一つですね。それなりに長い橋なんですが、見れるのは一瞬なので注意が必要です。車内アナウンスを注意して聞いていると大体のポイントはわかるのですが。

和銅遺跡

皆野駅を過ぎるとしばらくすると今度は和銅遺跡が見えてきます。ちょうど黒谷駅のところで、この駅はすでに秩父市。風景も川から山の風景に変化してゆきます。

パレオエクスプレス 社内

長瀞を過ぎると車内も空き始めるので車内の雰囲気を一枚。ちょっと昔風のデザインがSLの引く客車に乗っていることを感じさせてくれます。まぁ、最後尾車両の場合、途中で止まる駅でドアが開かないなどもあるので、なおさら空いていたりするんですけどね。

荒川・・・かな?

荒川の支流をまたいで、三峰口へ。夏場はやっぱり水辺を見るのは気持ちが良いですね♪ また乗りに行こう。

スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://skypalace.blog76.fc2.com/tb.php/757-7f1a63e5
    この記事へのトラックバック


    最新記事