スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

紫陽花 -Sony α 10周年記念-

2016年06月19日 23:17

そんなわけでα100で撮影してみよう!第三弾は、紫陽花を本気で撮ったらどんなもん?ってところで撮影です。10年前とは撮影技術もだいぶ向上してるし、使っているレンズも様変わりしてますからね。今使っているメインレンズで、今、撮影するとどんな感じ?というのをまとめてみようかと。

梅雨入り

というわけでまずはこちら。まぁ、花の撮影では前ボケはもう定番になりつつあるけど、まぁ、綺麗にぼけてくれました。やっぱ135mm F1.8も良くできたレンズだね。個人的には絞った方が良いと思っているレンズだけど、開けても十分に綺麗に魅せてくれます。

それにしても、やっぱりこの時期の紫陽花は青。曇り空の隙間から一瞬見える空の色と、水の色が重なる、季節に合った色だと思っています。

白の縁取りでおしゃれに。

そして文字通り紫の紫陽花。この紫陽花、実はほとんど見かけないのですが、白の縁取りがおしゃれで良いよね~と思ってます。こういう紫陽花は流行らないのかな?まぁ、自宅の庭に・・・はスペースが無いのでちょっと置けませんが(苦笑)

ダンスパーティ

そして紫陽花の新定番とも言われるダンスパーティ。こちらも前ボケを狙ったんだけど、花と重なる位置で前ボケを狙うとピントが合わせられないのがα100のAF。まぁ、α100はエントリー機としては唯一、DMFがあるので、それを使ってMFであわせこんでいますが、このあたりは時代を感じさせますね。ちなみにMFがしやすいファインダーというのもα100の特徴でした。まぁ、α900とかには敵わないけどね(苦笑)

紫陽花
紫陽花 posted by (C)Air

最後は再び定番の紫陽花で。

今年は天候が安定していないこともあって、イマイチな紫陽花も少なくないのですが、それでもしっかり楽しめたのは良かったですね。あ、ちなみにカメラはα100しか持っていかなかったので、いつものメイン機2台は防湿庫でお休み中でした。それにしても昼間の撮影なら、今でもα100、頑張れるねぇ♪

スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://skypalace.blog76.fc2.com/tb.php/746-7f7b217b
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。