Sony α100

2016年06月06日 23:21

そんなわけで今日、6月6日はSony α10周年という日でした。まぁ、メーカーの方でもなんかやるという噂はあるけど、今のところはユーザーや、カメラのキタムラなどの販売店の方が盛り上がってますね。

α100
α100 posted by (C)Air

ちなみにこのα100、長いことメイン機として活躍してくれたこともあって、今でもこまめにメンテして動くようにしてます。まぁ、今週はα6000に変えて、α100を持って歩いてみようかと思ってます。

Sony最初のα機としてα100が発表されたのが2006年6月6日なんですね。まぁ、見た感じ、ペンタ部が低いなど、一眼レフとしてのデザインはスタンダードからは少し外れるデザインでした。フラッシュの発光点では可能な限りレンズの中心部から離せというのがセオリーなわけで、このα100もフラッシュはだいぶ高く持ち上がります。

α100 フラッシュ使用時

こんな感じ。でも、これ、α200などのこの後のモデルでは大きく改善されて、もっと高い位置にフラッシュが来るようになってます。AF補助光機能がないので、フラッシュを連続発光してAF補助光の代わりにするアイデアも詰め込まれてましたね。

α100リアビュー

背面はこんな感じ。ちょうど親指が引っかかってグリップが良かったのが印象的ですね。ゴムが貼っているわけでは無いけど、構えやすいグリップでした。さすがに液晶については現在のモデルと比べるとかなり厳しいのは事実ですが満足度は高めのエントリー機でした。

α100とα550 軍艦部はだいぶ違う。

Sony最初の一眼レフ、α100と、Sony最後の一眼レフ、α550とのツーショットです。上から見ると全く違う操作形ですね。個人的にはボタン式でパッパッと設定を変更できるほうが楽なので好きなのですが、ダイヤルを回して設定するのも楽しいので、どちらが良いというものでもないですね。

ちなみにこの時代のSonyはAFが遅いと言われていましたが、最近のSSM対応レンズや、レンズ内モーター内蔵レンズではかなり実用的なAF性能になっています。このあたりはレンズを交換することで、まだまだ化けるかも知れないカメラと言えますね。

そんなわけで、α100発表から10周年、おめでとうございます。これからもAマウントレンズも忘れずに強化をお願いいたします(笑)

スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://skypalace.blog76.fc2.com/tb.php/742-7dc80329
    この記事へのトラックバック


    最新記事