CP+2011 個人的に気になった展示ブース

2011年02月16日 00:04

まぁ、CP+という大きな展示となると、それなりに気になるアイテムは出てくるわけで、個人的に今回、展示が上手いなぁ・・・と思ったのはEPSONと、Velbonの二メーカーだったりします。

まずはEPSONですが・・・

EPSON PX-5V

このCP+にあわせて新型の顔料系インクジェットプリンターをリリースしています。まぁ、このプリンターの画質、個人的にはゾクゾクするくらいに良いものだったりするのですが、展示が特に好感をもてました。

実はこのプリンタの出力物展示の下に・・・

α900+85mm F1.4ZA Planer

各メーカーのカメラとレンズが鎮座しているわけです。何の展示かというと、それぞれのメーカーの特徴のあるレンズで撮られた写真を、PX-5VでA3ノビに出力し、セットで展示しているという趣向でした。まぁ、個人的な好みでα900を写真に収めてきましたが、PENTAX 645Dで撮られた写真の出力物も見事でした。解像力を損なわずに印刷できているという点で、このプリンタの性能の高さを見せ付けられましたし、特定のメーカーに偏らない、様々なジャンルの写真をプリントしていることで、このプリントの懐の広さも見せることが出来ていたのかな・・・という印象を受けてます。

惜しむらくはA4モデルがないことで、気軽に一般家庭に置ける高画質プリンタがないのはどうかと思うんですけどね。これのA4モデルがあればすぐに購入するのに・・・。まぁ、欲を言えば四切ワイドくらいを最大用紙サイズにしてくれるとうれしいけど・・・(笑)


Velbonはマクロ撮影しやすい三脚という展示の方法で、会場にちょっとした花壇を用意していたのが印象的でした。

ベルボンブースの花畑

どうしても機械物の展示会なので、緑とかが無いのですが、そのなかでこの展示はそれだけで目を引くし、気持ちの良い展示方法という印象ですね。ライティングなどもちゃんと設定されていて、初心者の人でも三脚の利点がしっかり分かる展示になっていたので、製品のアピールには最適だったのではないかと思っています。


最後に、う~ん・・・と思ったのがFUJIFILM。

FUJIFILM FinePix X100

FinePix X100というある意味フラッグシップクラスのデジカメを展示していたのですが、デジカメのデザインも含め、レトロすぎるんですよね。分からないでもないのですが、ちょっとおもちゃっぽくも感じてしまうし、持っている性能がデザインから見えてこないという感じですねぇ・・・。

値段的にも中高年がターゲットだとは思うのですが、大型センサーと、良い単焦点レンズの組み合わせは、個人的には写真を始めたばかりの若い人にこそ、使って欲しいと思う組み合わせでもあるんですよね。この辺は今後のラインナップの拡充を期待というところですねぇ・・・。


目に付いた展示というところではこの三社が特に気になったというところでしたね。

スポンサーサイト


コメント

  1. ペパーミント | URL | -

    Re: CP+2011 個人的に気になった展示ブース

    EPSONのプリンターの画質すごくきれいですね。
    CP+今年も行くことができませんでした。今週にあれば行くことができたのですが....
    ベルボンブースの花畑の展示は良い展示空間ですね。会場に花壇があるというだけで印象に残りますね。

  2. Air | URL | -

    Re: CP+2011 個人的に気になった展示ブース

    確かに残念だったねぇ・・・
    まぁ、また機会はあると思うので、来年こそは・・・って感じかな?

    今年は来場者数が多くて凄かったですよ~

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://skypalace.blog76.fc2.com/tb.php/74-a87c4f57
この記事へのトラックバック


最新記事