CP+2011 Sony α77?

2011年02月13日 23:58

そんなわけでCP+2011に行ってきたのですが、その中でもやはり注目していたSony Aマウントについて、まずはまとめてみますね。

α Aマウント用レンズ+フラッシュ

やはり今回の注目は中級機(α77?)となるのですが、実際のところとしてはそれ以外にもレンズや、フラッシュなどが展示されていました。どれも年内リリース予定・・・のようです。

α 中級機 スケルトンモデル
α 中級機 スケルトンモデル posted by (C)Air


中級機はスケルトンモデルが用意されていました。
これだけを見ると、トランスルーセントテクノロジー搭載の中級機といった出で立ちで、バランス的にはまぁまぁという印象を受けますね。連写性能が引き上げられているかどうかと、EVFの出来がどれくらい良くなっているのかがポイントと言えますね。有機ELという選択肢はアリかも・・・。



α 中級機 背面

背面を見ると録画ボタンが用意されていることから、動画対応モデルであることが分かります。まぁ、あの位置は押しづらいので、実質使わない機能・・・という印象を受けますが、どうでしょうか?また縦位置グリップについてですが、こちらには録画ボタンが用意されておらず、印象としてはα700のものをそのまま使っているという感じです。モックだからこのデザインなのか、それとも共通パーツとして使えるのか不明ですが、これはちょっと気になりますね。場合によっては、従来のバッテリーと互換性のある新バッテリーの登場の可能性もあると思いますので。

α 中級機 スケルトンモデル背面

さらに、スケルトンモデルの背面にも注目です。正確には側面ですが。メモリーカードスロットが見えるのですが、これ、メモリースティックDUOと、SDカードのマルチスロットになっています。Sonyは昨年11月に新メモリーカードの提案を行っているのですが、ここではまだ搭載されないことから、中級機よりより上位のモデルが存在していることは簡単に想像できますね。

ちなみに地味に装着されているレンズもモックアップになってます。これは、中級機向けに標準ズームを新リリースするという意味合いですが、これはどちらの意味合いを持つのか、判断できなかったりします。一つは画素数が大幅に増えたので従来のレンズでは対応しきれない可能性。もう一つが、高速AF+連写を考えるとSSMを搭載したAPS-C用標準ズームが必要になった可能性ですね。前者であれば2400万画素という噂を肯定するものとなると思いますし、後者についてはある意味現実的な選択肢かな・・・とは思います。これは出てくるまではわからないですね(苦笑)

新フラッシュ

ちなみに地味にフラッシュも新しいものが用意されていました。これはF42AMの後継モデルかな。首をくれるモデルの普及価格モデルというところでしょうか?実はこれにはちょっと期待しています。カメラの向きと合わせてフラッシュも回転するわけですからねぇ・・・。ポートレートなどでは威力を発揮すると思ってます。

ざっとSony α Aマウント関連で気になったのはこれくらいですね。まぁ、ほかにも気になったアイテムはあるので、別に紹介する予定です。

スポンサーサイト


コメント

  1. top-tf2(ひろっち) | URL | mQop/nM.

    Re: CP+2011 Sony α77?

    詳しい解説ありがとうございます。
    4年ぶりの中級機になるのでしょうか。
    発表が楽しみです。
    そちらは雪模様ですね。時に同じ雪を
    見ていると思うと、うんざりしている
    雪にもちょっとうれしくなります。

  2. Air | URL | -

    Re: CP+2011 Sony α77?

    そうですね~
    ただ、スポーツタイヤ装着の乗用車にはものすごく辛いです(涙)

    明日はバス停まで妻に送ってもらう予定です(苦笑)


    それにしてもほんとに久々の中級機ですね。
    中級機不在というのは正直勘弁してほしいのですが、やっと・・・という印象です。ちゃんと作りこんで出してきてほしいですね。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://skypalace.blog76.fc2.com/tb.php/71-d3e91e96
この記事へのトラックバック


最新記事