CP+ 2015 FUJIFILMブース

2015年02月15日 18:56

FUJIFILMブースはXシリーズの展示がメインで、それ以外はチェキと店頭印刷機の展示のみ。XシリーズはX-A2が発表されたばかりとは言え、注目は新レンズでした。

XF 120mm F2.8 R Macro

個人的に注目したいのはやはり望遠マクロになる120mm F2.8 Macroですね。いままでの傾向から考えると悪いレンズというのは考えにくいし、正直に期待したいレンズになっています。それにしても長いな、このレンズ・・・とは思いましたが。

XF 50-140mm F2.8

発売されたばかりのXF 50-140mm F2.8はカットモデルで展示。防塵防滴をアピールしたいのだと思うんだけど、説明がないと密度が凄いな~くらいの感想にしかならないと思うんだけどね・・・というのが正直な感想。使いやすい焦点距離になっているので、風景で使うズームレンズとしては良いレンズになるかな・・・という印象はありますね。

XF 100-400mm

そして、驚いたのがこれ。100-400mmというのはスポーツ撮影などでも使われる焦点距離になるんだけど、とにかくでかい。明るさもそれなりに考慮した結果なのだと思うけど、X-T1につけたとしてもレンズの方が大きすぎるという感じになるのでさてどんなもんかねぇ・・・。NEX-5に18-200mmの高倍率ズームをつけたような感じですね。このサイズはたぶん・・・。

さて、FUJIFILMの今回の展示については、まぁ、他の人からもお叱りを受けた・・・と係員は言っていたけど、ある意味当たり前ですかね。CP+直前に発表されたFinePixが一台も展示されて無いし、情報レベルも無い。新しく発表されたXP80を見たかった人間としては、正直不満が溜まるところでした。発表したのなら持ってきてよね、頼むから・・・

スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://skypalace.blog76.fc2.com/tb.php/628-41a50a9c
    この記事へのトラックバック


    最新記事