Sony α7II

2014年11月23日 18:00

仕事帰りに銀座に寄れるっていうのはこういうときに一番メリットに感じるよね。というわけで、展示が始まった当日にα7IIを見てきました。

α7II
α7II posted by (C)Air

α7を最初に見たときはちょこっと不恰好。でも画質は悪くないし、便利そうというのが感想だったのですが、α7IIについてはメイン機になりそう・・・というのが正直な感想だったりします。グリップが深くなったのはやはり構えやすさとかを考えると良いなと正直に感じられるポイントです。

α7II 正面

正面から見たときのバランスのよさも優れてますね。まぁ、これは見てくれがメインになるので、だからどうしたといわれそうだけど、マウントの位置が少し上に上がってるのかな、大きいレンズと合わせてもバランスが撮りやすくなっているような気がします。

α7II 背面

α7II 背面液晶

背面はまあいつものSonyのカメラですね。液晶は見やすくなっているし、連写時のカクカク感は連写が遅いというのもあるのかもしれないけど、控えめです。液晶はバリアングル液晶ですが、まぁ、薄いし、ボディに埋まる感じで入っているので、引き出しやすいとはいえないという印象です。

個人的にはこの薄さは強度的にちょっと心配になるのと、α99みたいにひっくり返せたら良いのになぁ・・・という印象ですね。プラスチックのハードカバーがオプションで用意されるのなら良いけど、まず用意するつもりないだろうしね。

あとはダイヤルの小ささはやはり気になりますね。フロントグリップのダイヤルも細いタイプに変わったけど、背面は親指で動かすので、ここはα7のダイヤルの方が嬉しかったなぁ・・・。

α7II 70-200mm F4G装着

AF性能はα6000と同じ感覚をフルサイズで実現ってところでしょうか。とにかく速いし、きちんと被写体を追いかけるという印象ですね。まぁ、カメラを動かしているので、実際に動いているものに対してどこまでかは見てみるしかないけど。

実際に触った印象としてはバランスの良い中級~上級機という感覚で、α900からなら乗り換えても良いくらいの性能にはなっているように感じました。α99だとやはりAFや連写性能でα99に軍配が上がるし、ダイナミックレンジや階調性についてはまだ比べようが無いけど、従来のα7並ならばα99の方が上という印象。

α7Rやα7Sのなにかに特化した性能というのは無いけど、バランスが取れているというのはカメラの使いやすさという点では大切なことなので、良いのではないかと。これならD750と比較しても見劣りしない良いカメラという印象だけど、価格もやはりしっかり作りこむとこれくらいになっちゃうってことなのかねぇ・・・(苦笑)

今後が楽しみなカメラに育ってきたと思っています。

じゃあ、買い換える?と聞かれたらたぶん買い換えないというのが答えになっちゃうんですけどね。LA-EA3で像面位相差が動かないのでは、このカメラの魅力を十分に活かすレンズがまだまだ足りないというのが正直なところだと思うし、Aマウントからの移行の促進にはならないのですよ。

LA-EA5とか作って、TLM無しで像面位相差、レンズモーターも付けるなんてことをすれば、ボディ内手振れ補正と相まって購入を考える人も出てくると思うけどね。まぁ、α7IIRとかがあったら期待します。あ、でもAマウント機が出ればそちらでも・・・(笑)

スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://skypalace.blog76.fc2.com/tb.php/608-0df00aed
    この記事へのトラックバック


    最新記事