SIGMA 30mm F2.8 DN

2014年03月22日 14:31

SIGMA 30mm F2.8 DN
SIGMA 30mm F2.8 DN posted by (C)Air


というわけで、SIGMA 30mm F2.8 DNを入手しました。もちろん中古だけどね。Eマウントはそれほどシステムを組むつもりは無いので。α7Rとか入手したら分からんけど、Aマウントアダプター使うことが多いんだろうな~。

既にBLOGで使っているので、気づいている人も多いと思うのですが、先にネガティブな部分を言ってしまうと、このレンズ、光源が構図に入っているとすっごく悪いです。ゴーストの出方が半端じゃないし、フードも無いので斜めからの入射光にも決して強くない。まぁ、そうは言っても、最近のデジタル対応レンズの中で・・・という注釈は当然付くので、昔のAPS-C専用レンズと比べるとやはりだいぶ良くはなってます。


菜の花に染まる河川敷

まずは菜の花。大きな川があると大抵は土手に咲いているので撮るのに困らない被写体ですが、前ボケと背景ボケを入れるという定番の構図ですね。日中の撮影ではクセの無い綺麗な描写をしてくれます。ちょっとボケがうるさいかな・・・って感じる所もあるけど、これくらいなら及第点ですね。標準画角の低価格レンズとしてはベストと言える画質になっているとは思います。

Yes, I will...

こちらはある意味予想通りの結果。夕暮れの写真ですね。19mm F2.8 DNの出来が良かったのでこちらも似た傾向になるかなと思っていたら、やはり・・・でした。光源が入っていない状態での表現は見事としか言いようが無い描写をするんですよね、このDNシリーズのレンズは。ただ、このときは19mmの方が雲の広がりが撮れたのでそっちの方が良かったかな~とは思っていたりします(苦笑)

秩父紅
秩父紅 posted by (C)Air

最後は秩父紅。さすがにこれはα900+135mm F1.8 Sonnarで撮ったときに気軽に撮影感覚で撮っているので、見劣りはしますが・・・(比べるな(笑))それでもAPS-Cのカメラとしては見事な描写だと思います。α900が三脚使用なのに対し、こちらは手持ち撮影ですしね。気軽に良い写真が撮れるのがミラーレスのいいところだと思っているし、レンズそのものが軽いので撮影が負担無く楽しめるのは良い所ですね。

コストパフォーマンスを含めて考えれば良いレンズと言えます。

スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://skypalace.blog76.fc2.com/tb.php/528-c2e3426d
    この記事へのトラックバック


    最新記事