CP+ 2014 Canonブース

2014年02月15日 23:55

Canonブースの一押しは間違いなく発表されたばかりのプレミアムコンデジ、Powershot G1X Mark2でした。EOS KissX70はどうなったね・・・と突っ込みたくはなるけど、安売りのエントリー機よりも、きちんと作りこまれたプレミアムコンデジの方がイベントでは注目されるのは必然ですね。

Canon Powershot G1X Mark2

こちらがPowershot G1X Mark2でオプションをつけた状態です。EVFがオプションなのは当たり前として、レンズフードもオプションというのはちょっとびっくり。これくらいは標準にして欲しいんだけどね。まぁ、レンズの枠がすでにフードの役割を持っているといえるので、フードが無くてもそれなりに使えるのは事実ですけどね。カスタムグリップも装着されていますが、これくらいのグリップは標準装備にしてほしかったなぁ・・・。

G1X Mark2システム
G1X Mark2システム posted by (C)Air


オプションとセットで大きくブースを取っていたほか、トライコーナーも上手く花を使った本格的なもの。カメラの特徴も出しやすくまとめられた展示は好感が持てますね。

使ってみた印象としてはG1Xで感じたネガをきちんと直してきたカメラという印象です。センサーはG1Xから変更なしというのはちょっと驚きましたが、レンズとのバランスは良くなっているし、レンズとのバランスも良くなりました。AFの速さは並というレベルですが、画質という点ではEOS KissX70や、EOS M2を凌ぐと思います。

二つのレンズの周囲に設けられたリングについてはボディ側がクリック感のあるもの、レンズ先端側がスムースに動くものになります。このクリック感はちょっと重く感じるため、個人的には解除できるモードは無いのかな?と確認したんですが、無いとのこと。この部分の操作性がちょっと気になりましたね。

いずれにしても9万円を超える価格なので、どの程度売れるのかは正直疑問。とはいえ、Sony Cybershot RX100や、FUJIFILM X20に奪われた客層に十分に訴えることの出来るカメラとなっているので、今後の展開は注目とは言えそうですが。

あ、個人的にはものすごく迷ってα6000買うと思います(爆)
だって9万円出すのならレンズ交換できた方が楽しめるしさ~。

スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://skypalace.blog76.fc2.com/tb.php/514-a9bcdae5
    この記事へのトラックバック


    最新記事