スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

写真用ワークエリア更新

2013年04月30日 23:42

というわけで、ゴールデンウィーク突入早々にやったのは実は写真用ワークエリアの更新だったりします。というわけで、前回と同じく今回も公開してみませう♪

新環境
新環境 posted by (C)Air

これが今回の新環境ですね。PCは同僚から譲ってもらったAcer M7720でCorei7搭載のまだまだ現役で使えるスペック。これにLGの27EA83-Dを組み合わせて写真用環境として整えました。キャリブレーション用のツールが二つ机に載っているのは、LGのハードウェアキャリブレーションのツールがちゃんとインストールできなかったから。おそらくインストール時の容量計算に失敗しているんだと思うんだけど、空き容量1.5TBとかって結構普通な気もするんだけどな、今となっては。

VAIO PhotoEdition
VAIO PhotoEdition posted by (C)Air

ちなみにこちらが旧環境。Core2 Duoでず~っと頑張ってくれていたのですが、さすがによる年波には勝てず・・・。まぁ、壊れてはいないし、ピンピンしているのですが、うちにはCore2 Quadのタワーもあったので、ちょっとあぶれ気味。そのうち嫁さんが使うだろうと思ってるけどね。

で、この子がAdobeRGBカバー率100%というすごい液晶を積んでくれていたおかげで、写真編集はQuadにも行かず、この子が頑張っていたというのが実情だったりします。今回の27インチ液晶はAdobeRGBカバー率99%なので、実質問題なく使えるので、ちょっとこの子の荷も下りたというところですね。

で、この27インチ液晶、値段の割には良く出来ている子で、なんと言ってもその解像度は写真をいじるのにはかなり向いていると言えます。

Lightroom 5 beta

現在ベータテスト中のPhotoShop Lightroom 5 betaで開くとこんな感じに。Lightroom自体もだいぶ使いやすくなっていることもあって、作業環境としてはかなり使いやすい状態になったという印象を受けますね。2560x1440という解像度もすごいっちゃすごいんだけどね。

この液晶の弱点は上述したとおり、ハードウェアキャリブレーションのソフトがインストールできない環境があること。それから、1アームでの保持なんだけど、意外と液晶がゆれること。たぶん1アームで保持するには液晶がすでに大きすぎると思うんだよねぇ・・・。これはちょっとキーボード操作をしているときに気になります。画質面で申し分ないだけに、こういったところが目立っちゃうんだよねぇ・・・

USB3.0ハブがついているのも便利なところで、USB3.0対応のカードリーダーで読み出すと速いこと速いこと。これだけでもメリットを感じられるのは良いですね。コストパフォーマンスとしてはかなり優秀な部類に入ります。一眼レフのRAW現像には向いているという印象ですね。


ちなみにLightroom 5については良くなった点と、まだ煮詰め不足だよね~と思う点があるので、これはそのうち、Adobeに指摘入れないとね・・・(汗)
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://skypalace.blog76.fc2.com/tb.php/404-09bbdb7f
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。