秋の散歩

2012年12月09日 00:15

まぁ、なんというか、NEX-5nなんてものが手に入ったので、ちょっとかる~くテストをば。

雲の影
雲の影 posted by (C)Air

太陽が雲の後ろに入ったところで雲の影ごと撮影。まぁ、カメラを持って歩いているとこんな写真が撮れるという点では、やはり持ち歩けるカメラって重要だよねぇ。まぁ、すでにRX100を持ってはいるんだけどね。とはいえ、風景として考えると、RX100よりもダイナミックレンジの広いNEX-5nが有利な場面があるね。この辺りが諧調性を重視したセンサーと、解像力を重視したセンサーの違いだね。

人影
人影 posted by (C)Air

で、トイカメラモードで撮影。そういや、自分を撮ることはめったにないので、ちょっと貴重かもしれん(笑)
しかし、NEX-5n、操作性はRX100に圧倒的に負けてるなぁ・・・。MF以外の操作ではRX100が圧勝しとる(汗) まぁ、高感度性能は圧倒的にNEX-5nの方が優れているので、星の撮影などではかなり力を発揮するんだけどね。

しかし、ついにデジタルで二つ目のマウントに手を出してしまった・・・(汗)

スポンサーサイト


コメント

  1. oaktree | URL | -

    Re:秋の散歩

    センサーにも特徴があるのですか・・・
    たしかに色が豊かです
    nexにもフルサイズが出てくるというわさを聞きましたが
    ほんとかな??

  2. Air | URL | -

    Re:秋の散歩

    センサーの特色は結構差が付きますよ。

    例えば、NEXとαで共に1600万画素のセンサーを用意していますが、実はNEXの方が高感度特性に優れ、映像撮影に向いているという特徴を持っています。

    また、2400万画素のフルサイズセンサーとしてα99に搭載されているセンサーは、他のメーカーに供給しているものと違い、マイクロレンズと、素子までの距離を縮めることでより多くの光を取り込むことができるように改良されているんですね。これは光に対する反応がフィルムに近づくという点で、実は旧レンズでもそれなりの画質を得られる可能性が高くなりますから、結構大事な改良だったりします。

    で、NEXにフルサイズですが、結論を言ってしまうと、すでにハンディカム用のNEXとしてフルサイズ機がリリースされています。その意味ではNEXでフルサイズはアリだとは思うのですが、現状VG900はかなり無理のある設計に見えますし、ハンディカムなのにフルサイズ用レンズを用意できず、マウントアダプターを装着して撮影、手ブレ補正も当然無し・・・ですから現状は出してみた・・・というレベルに見えますね。

    RX1もかなりの人気なので、フルサイズの写真用NEXもそのうち出てくるとは思いますが、個人的にはAマウントをミラーレスにする可能性のほうが高いと思っています。

    基本的にツァイスレンズは手ブレ補正は入れないという方針ですし、フルサイズ機となると、ツァイスもGもしっかりラインナップする必要がありますからね。そうすると、ボディ内手ブレ補正ができるかどうかって結構ポイントになると思いますよ。

  3. K | URL | -

    ん?

    なるほど。。。上手いな。と納得しそうになりましたが、
    自分の写真って、影じゃないですか!笑
    まぁ、それすら撮らないということなんでしょうが 笑

  4. Air | URL | -

    Re:秋の散歩

    ま、写真写りが悪いからね~(苦笑)

  5. K | URL | -

    いやいや

    そこはご自分の腕でカバーです(^^)

  6. Air | URL | -

    Re:秋の散歩

    腕ではカバーできないから無理っす(笑)

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://skypalace.blog76.fc2.com/tb.php/357-e4b95cf8
この記事へのトラックバック


最新記事