紫陽花

2012年06月17日 01:25

というわけで紫陽花撮ってきました♪

ババリア

まぁ、紫陽花を撮りに行ったのではなく、食事のついでに撮ってきたが正解なので、カメラ持っていかなかったので全部携帯で撮ったんだけどね(苦笑)まぁ、ここ最近の携帯電話ならこの程度は撮れるので、いざって時は助かるよね。

ちなみにこの紫陽花、ババリアという品種らしいんだけど、柔らかい印象の花で、こういった紫陽花はなかなか見かけないので、やはり写真には収めておきたいですしね。

淡いピンク色

これも定番。とはいえ、光の加減が撮りやすかったこともあって、今日は上手く撮れました。うん、カメラ持ってきていれば良かった(苦笑)とはいえ、納得のいくコンデジは高いからねぇ・・・。もうちょっと貯金しないと(汗)

城ケ崎
城ケ崎 posted by (C)Air

そして、定番の城ケ崎。まぁ、うちにもあるんだけど、イマイチ、コンディションが今年は良くないんだよねぇ・・・。ココのはしっかり元気。ちょっと逆光気味ではあったんだけど、露出補正でなんとか。しかし、最近(というほど新しくもないけど)の携帯は露出補正も付いているので、写真はそれなりに楽しめるんだよね。

スポンサーサイト


コメント

  1. αkira301 | URL | -

    Re: 紫陽花

    Airさん まいどっ!
    こんばんは。

    フォト蔵に行ってまじまじと拝見させていただきました。
    携帯のカメラ機能は凄いですが、手元にあるカメラで撮る
    Airさんの切り撮り方も凄いと思いました。

    背景や花の角度やまだ自分が読み取れてない何か感じる所に
    配慮というか、上手く書けませんが丁寧な撮影というか。

    刺激になりました!

  2. Air | URL | -

    Re: 紫陽花

    う~ん、基本的に【写真とは何ぞや?】がポイントになると思っています。

    これ、人それぞれ答えが違うはずですが、これを明確にすることが写真を撮る上でかなり大事なことになっていくんですね。これがはっきりしてくると、写真に方向性が生まれてくるんです。

    写真の上達を目指す以上は、写真が【真(実)を写す】ものでは無いことは明白ですね。んじゃ、写真って何を写すんでしょう?

    で、私の答えは【写真とは光(と、それに支配される時間)を撮るもの】なんですね。風景でも、花でも、人物でもなく、まず光を撮る。その光で表現できる世界を写し撮る。なので、露出をかなり気にするわけですね。

    その光をコントロールして、構図に落とし込むのが6歳の頃から写真を撮り始めて、6年位前にやっとまとまってきた撮影スタイルだったりします。

    私の知り合いのプロカメラマンは【花の表情を撮る】というのをテーマにしてましたし、別のカメラマンは【自然の営みを撮る】のをテーマにしてましたから、その辺は人それぞれですね。

    なので、自分のスタイル、自分のテーマを決めるまで色々考えて撮ってみるしかないというのが、写真撮影の難しいところですよねぇ。もちろん、それが楽しい所でもあるわけですが(苦笑)

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://skypalace.blog76.fc2.com/tb.php/285-ac999845
この記事へのトラックバック


最新記事