そんなわけでα550

2011年08月19日 23:29

さて、そんなわけでα550が我が家にやってきてから2ヶ月とちょっと経ったわけで、それなりに使ってみた感想でも・・・ってところですね。まぁ、α550の写真がないってあたりで力が抜けた感想になってますが(苦笑)

お湯がないっす

まぁ、ここで、我が家にある一眼レフをおさらいしておくと・・・発売された年代順ではこんな感じになります。

α-7・・・2000年
α100・・・2006年
α700・・・2007年←妻専用機
α900・・・2008年
α550・・・2009年

実際にBLOGで使われている頻度を見ても分かるとおり、現状のメイン機はα900、そして幅を利かせてきているのがフィルムのα-7ってところで、最近で言うフルサイズ、昔で言う135フィルムサイズが主に使っているカメラになるので、APS-Cのカメラはコンデジに近い扱いになっていることが実は少なくなかったりします。

まぁ、α550が欲しかった最大の理由はライブビューが付いていること。だったりするわけで、使い方までコンデジかよと突っ込まれちゃいそうですけどね(笑)

さて、そんなわけで、ライブビューメインで撮影して、α550ならではを生かそうという使い方をここ数ヶ月してたわけです(爆)とくに動きが速い動物などではどうかな・・・なんてのが気になったので、動物園なんかも言って写真を撮ったわけですね(笑)

結論から言ってしまうと、水族館や動物園の写真があることから分かるとおり、それなりの動き程度ならライブビューでも十分追えるし、慣れてしまえばそれなりの写真が撮れてしまいます。(レッサーパンダは無理だったけどね)フルサイズだと確実に見れないかも・・・なんて思っちゃう撮影でもそれなりに見れるレベルに撮れるところはAPS-Cならではですね。

ニホンカモシカ

ちなみにα550の性能が最も発揮されたのが、実はこのニホンカモシカの写真だったりします。
まぁ、Exif見れば分かる人は分かると思うんだけど、露出もマニュアル、ピントあわせもマニュアルだったりします。この写真。

このカモシカを撮影したときの状況としては、ファインダーを覗ける状態ではなかったというのが一つのポイントになっていて、α550の機能であるMFチェックライブビューという機能を使って、中版のように腰でカメラを構えて撮影という形になっています。このときはライブビューって便利だねぇ・・・なんて思いましたが(苦笑)

α55はAFもさらに改良されているし、来週発表と噂されるα77ではさらに改良されているので、一般の人が使いやすいカメラが増えるのは歓迎ですね。ちなみにライブビューの場合、カメラに任せてしまった方が写真は撮りやすかったですねぇ・・・

スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://skypalace.blog76.fc2.com/tb.php/159-0f97fa4c
    この記事へのトラックバック

    【レビュー】デジタル一眼レフ

    デジタル一眼レフ(デジイチ・ガンレフ)のレビューのトラックバックです。 ・キヤノン ・ニコン ・ペンタックス ・その他



    最新記事