FC2ブログ

Xpeira1 購入したのでレビューを。

2019年08月01日 14:09

Xperia1を発売日に購入して、使いまくった限りでのレビューを。
まぁ、基本的に写真がメインの人なので、写真、動画にフォーカスしてまとめてみたいと思います。

Xperia1レンズ

トリプルレンズ構成は最近のトレンドに沿ってきたのかな~という印象も受けるけど、並びは35mmフィルム換算で上から順に26mm(実距離4mm)、52mm(実距離6mm)、16mm(実距離2㎜)になっています。標準、望遠、広角なんて言われていますが、これはスマートフォンの感覚ですね。センサーは、上から順に1/2.6積層型裏面照射、1/3.4、1/3.4となっており、標準以外のレンズはSamsung製と噂されていますね。

で、実際に撮ってみた印象は・・・というと、どれも悪くない。というのが印象です。

標準と言われているレンズは高速読み出しができるセンサーですので、バーストモードでの撮影が楽しい。

おもちゃキャッチ

背景が汚いのはちょっとごめんなさいってことにして、猫が遊んでいるところをしっかり連射でとらえられるというのは、スマートフォンでは運が良ければ・・・というレベルだったものが、それなりに撮影できるようになってきているのは良いところですね。これはほんとに便利。

雨のお出かけ

また、この標準レンズはRAWでの記録にも対応しているので、Lightroomから撮影すれば、DNG形式で写真を残すことができます。なので、雨の日の撮影など、条件が悪い時でもそれなりに撮れるというのは、大きなメリットですね。
RAWでの記録は、RAW現像の技術が進化することで、古い写真も最新の技術でまとめなおせるという点が良いと思っています。

望遠はこんな感じ。

紫陽花
紫陽花 posted by (C)Air

ボケ機能を有効にして撮影していますが、このボケも従来のスマートフォンのボケコントロールよりは自然に表現できるようになっています。ただし、ほかのメーカーのF1.2などの明るいレンズを搭載したモデルの方がぼけ方は自然なので、これは人の好みによる部分が大きいですかね。

アパガンサス

こちらもボケコントロールを使っていますが、被写体から少し離れて撮影するとそれなりに自然にまとまります。おそらく狙っているのは一眼レフのボケを想定しているのだと思うけど、さすがにまだまだなところが大きいですね。

そして広角レンズ。

朝日を浴びて

個人的にはスマートフォンに使われるものとしては、文句なしですね。一眼レフやミラーレスに比べると、解像が足りてないと感じる部分はあるにはあるのですが、少なくとも、スマートフォンの画面や、プリントで楽しむ分には問題はないレベルになっていると思っています。これもRAWで撮影できれば良かったのに。

そして動画機能ですが、Xperia1にはCinema Proというアプリケーションが搭載されています。個人的には面白い試みだと思うし、楽しいと素直に思えるアプリですね。使い方はこんな感じ。
厚木に協力してもらったというレベルのアプリケーションにはなってます。


これで手持ち、手振れ補正なしで撮影しています。動画撮影としては面白いと思ったので、今後も使っていくと思っています。動画を撮ってみて面白いと感じたので、ジンバルも買ったしね。縦方向の解像度が足りていないので、Youtubeでどう判断されるか気になったところですが、ちゃんと4Kで認識されました。また、Xperia1でもフル画面で表示されますね。

さて、そんなわけで、ダメだと思ったところを。

接写が苦手。
もう、これは正直困りました。どうにもピントが合わないケースがあるわけで、これは要改善ですね。おそらくファームウェアで何とかなると思っていますが・・・。

バーストモード撮影、Cinema Pro撮影時は内蔵ストレージしか使えない。
高速読み出しが必要なケースは理解するんだけど、それらを考慮してUHS Speed Class3に対応したSDXCを購入しているわけですよ。それを使わず、内蔵ストレージで何とかしろというのはちょっと無理がありすぎる話。内蔵ストレージは64GBあるといっても、ちょこっと4Kで動画を撮影すればすぐに4GBは超えてしまうのです。64GBは足りないとしか言えないですね。

Cinema Proの編集アプリが限定される。
Cinema Proで使用されるコーデックは再現性が高い分、使える編集ソフトが限定されます。メーカーが動作確認しているのはAdobe Premiere Proと、DaVinci Resolveって何考えてるんだろう・・・と思った次第。動画を楽しむにはちょっとハードルが高いよね。ちなみにWindows標準のメディアプレーヤーでは動画を正しく再生できません。

標準のカメラアプリでは21:9の比率は選択できない。
これは写真も動画もですね。写真も動画も21:9で撮影できることはある程度想定してもらわないと困ります。開発者インタビューで今後21:9の動画も増えてくるはず・・・とコメントされていたけど、シャッタースピードオートで撮影できないCinema Proは一般の人からしたら使いにくいだけですし、標準のカメラでの動画撮影でもサポートすべきと感じます。写真撮影でも同じくですね。

ストレージの件は切実なので、何とかしてほしいところですが、何とかソフトウェアアップデートで修正できませんかね?

スポンサーサイト





最新記事