桜の街を歩く -白河市街~乙姫桜-

2016年04月29日 14:17

少し時間が空いてしまいましたが、今回まで白河ですね(笑)

白河の街を見下ろす

そりゃ、小峰城から街を見下ろしたわけだし、線路をはさんで反対側には乙姫桜もあるので行ってみたいじゃないですか(笑)
白河の街自体が、が多いのでちょっとした散策でも楽しめます。そういや去年は雉と遭遇したりしたねぇ・・・。で、今回は・・・

仲良しカルガモ

カルガモですね。二匹で仲良く小川を泳いでいました。所々餌を食べながら進むところが見ていて飽きないですね。ちなみに人になれているようで、写真を撮っていても全く気にしません。こういうタイプの鳥は撮りやすくていいわ~(笑)

セグロセキレイ
 セグロセキレイ posted by (C)Air


こちらは都内でも見かけることのあるセグロセキレイですね。この鳥、昔読んだ図鑑では水の綺麗なところで見かける・・・みたいなことが書いてあった気がするけど、どこにでもいますね。いや、ほんとに。昔よりも見かける機会が増えてきたので、環境が良くなってきたといえるのかもしれませんが、その辺は鳥に聞いてみないと分かりません(笑)

とはいえ、水辺が似合う鳥なのは事実。とくにこの背中の黒い羽根と、側面や腹側の白い羽根のコントラストが綺麗な鳥です。ありふれた鳥ですが、実はお気に入りの鳥の一つですね。






乙姫桜
乙姫桜 posted by (C)Air

こちらが白河市で有名なの一つ、妙関寺の乙姫桜ですね。

紅しだれ桜なのですが、こちらの桜、将軍家に桜の苗木を献上するために立ち寄った伊達政宗から分けてもらったという言い伝えがあります。実際、幹の太さも枝ぶりも花の色づきも見事な桜で見上げるように眺めると歴史を感じさせますね。

しだれ桜でここまで大きな桜になるとやっぱり写真を撮っていて楽しいですね。さすがに境内がそれほど広くないこともあって、撮影方法が限定されてしまいますが、それはそれで大きな桜の特徴の一つでしょう。

春のご馳走

帰りに見上げたソメイヨシノで花を啄ばむヒヨドリを発見。この鳥、それほど綺麗という印象は無いのですが、こういう撮り方をするととても綺麗な鳥に見えますね(笑)

実際、囀る声も含め、とても楽しげで良い一時を過ごせました。

スポンサーサイト


最新記事