CP+ 2016 気になったもの。

2016年02月28日 23:57

というわけで個人的に気になったその他のメーカーを並べてみることに。

SKYMEMO T
SKYMEMO T posted by (C)Air

KenkoのブースではSKYMEMOの最新モデルTを参考出品扱いで展示していました。こちらは耐荷重を4kgにしてコンパクトにしたモデルですね。基本的な使い方は赤道儀全般同じではあるのですが、このTでは設定をWi-Fi接続したスマートフォンから行うという特長を持っています。最近の人向けってことですかね。NFCが付いているかどうかによっても使いやすさは変わってきそうな気がします。

SKYMEMO 大きさ比較

SKYMEMO Sとの大きさ比較はこんな感じ。市場販売価格はSKYMEMO Sよりは安いはず・・・とは言われたものの、具体的な価格は教えてもらえませんでした。まぁ、当たり前か(苦笑) 個人的にはナノトラッカー程度まで価格を抑えないと厳しい気もするので、どうかなぁ・・・というところ。というのも耐荷重4kgならちょっとした望遠レンズも使えるのですが、Tでは、Sで標準だった極軸望遠鏡が付かないなど、実はしっかり合わせようとした場合、合わせにくいという弱点があるんですね。しかもそれらを揃えようとするとSよりも高くなりそうだし・・・。価格のバランスが難しいモデルというのが正直な印象ですね。

CASIO スマートウォッチ

こちらはCASIOのスマートウォッチ。実売7万円程度と高額な時計に分類されることになるけど、Android連携や、高度計、気圧計、方位磁針などの機能が付くのは山に出かけるときなどはとても便利です。バッテリーの持ちも十分だしね。なお、このスマートウォッチの特長としては、CASIOのカメラと連携して、アクションカムのファインダーにしたり、リモコンにしたりができるのですが、これ、他のメーカーとも使えたらかなり有用なんだけどなぁ・・・。

MOUSE 写真用PC

そして、昨年からCP+に参加しているマウスコンピューター。写真編集向けのPCを展示しているのですが、昨年のモデルから比較するとかなり使いやすいデザインになったという印象を受けます。価格的には少々高いという印象はあるのですが、この辺はそのうちこなれていくような気がしますね。写真用のPCは富士通からコンパクトなモデルが出ている程度ですから、こういったしっかりしたモデルが出てくるのは素直に嬉しいですね。

スポンサーサイト


最新記事