風の強い日は・・・

2017年01月22日 22:33

風の強い日は景色は良いのですが、まぁ、寒いです。

寒いんだよね。

ムクドリもこんなに丸くなってますからねぇ・・・(苦笑)
飛びにくそうだけど、頑張って飛んでました(苦笑)

空にそびえる樹

そして埼玉県からでもスカイツリーが良く見えるのが風の強い日。雲の広がりと青空、そしてシルエットが見事ですね。電線がなければもっと良かったんだけどねぇ・・・。

ジョウビタキ(メス)

オスは見かけなかったけど、メスなら見かけました。うまく風を避けて、低いところを移動しながらご飯を食べていました。オスほどの華やかさはないのですが、綺麗な鳥ですね。

スポンサーサイト

夜の動物園 -上野動物園-

2016年09月11日 19:19

遅いわって怒られそうだけど、まぁ、お盆の時期のイベント、夜の動物園に行ってきました。去年はα99を使ったけど、今年はまだ首がしっかりしていないこともあってα6000での撮影ですね。

ハシビロコウ

上野動物園というとパンダのイメージが強いと思うんですが、ハシビロコウも5羽いるので、こちらも上野動物園で楽しめる動物(鳥)になっています。まぁ、さすがに夜は動かないんですが(苦笑)

眼光鋭く

とはいえ、真っ暗闇の中で眼光だけ鋭く光るのはさすがにかっこいいですね。まぁ、昼間はひょうきんな顔もする鳥なので、これくらいのほうがイメージが壊れなくて良いのかもしれません(笑)

タテガミオオカミ

そして毎年撮ってるタテガミオオカミ。今年もこの檻の前でかなり頑張って撮影してました。雨降ってくるしね(苦笑)

ISO12800+MF+流し撮りという無茶な条件での撮影でしたが、まぁ何とかまとまったようでほっとしました。ちなみにここはハシビロコウよりはちょこっとだけ懐中電灯レベルでの照明がついているので、撮影はまだしやすい方でしたね(苦笑)

そういえば、フラッシュを使ってしまっている人がいるのはちょっと残念なところと、そして、K-S2で一生懸命AFで撮ろうとしている人がいたなぁ・・・。基本的に夜行性の動物は強い光には弱いのでフラッシュは使ってはいけないですし、暗いところではAFはまず使えないので、置きピンで連写した方が撮影はしやすかったりします。

どもども。

まぁ、こんな感じですね。

モモンガ

とまぁ、撮りにくいタテガミオオカミを撮った後に、動かないモモンガを撮るのはものすごく楽。癒されました(笑)

街歩き -WILDLIFE-

2016年08月29日 23:24

まぁ、朝は早いので、ちょこちょこ街中を歩いてます。朝は意外といろいろな動物と出会えるんですよね。まぁ、主には鳥が多いのですが。

スズメの庭

前日にきれいなセグロセキレイを見たので、撮りたいなぁ・・・と望遠レンズを持って来たら、セキレイはおらず、スズメばかりに。とはいえ、ここ、ふくらはぎくらいまでの高さしかない、街路樹の下なのですが、若いスズメたちのちょうどよい遊び場になっているみたいですね。スズメって人に対しての警戒心は結構強い鳥なのですが、ここのスズメは人をあまり気にしません。なので撮影しやすいですね。

イナの遡上

そして夕方は帷子川を遡上してくるイナ(ボラの幼魚)の大群が。いつもとは水の音が違うな~と思って眺めてみたら、たくさんのイナが泳いでいました。これで川で成長し、大人になると海に卵を産みに行くわけですね。


う~ん、しかし、こんなのが見れるのならPLフィルター持ってきていればよかったなぁ・・・。まぁ、PLフィルターなんて普段から持っているメリットはそれほどないんですけどね。常に持ち歩いているとあっという間に寿命が尽きるし。

東武動物公園

2016年05月08日 23:04

まぁ、比較的近所ではあるのですが、混む、高いというイメージが強く、まぁ、ほとんど行っていない、東武動物公園です。

まぁ、ゴールデンウィークは基本的にどっか山にでも・・・と思っていたのですが・・・実際、携行食まで買って用意していたのですが、そういやまだバックパック背負えないじゃん・・・ということに気づき、手近なところで済ませようとすると、東武動物公園になった次第。しかもゴールデンウィーク中に2回も行くことになるとは・・・(汗)

ま、そうは言っても、写真を撮っていれば基本はご機嫌なのです。

ホワイトタイガー

東武動物公園というとホワイトタイガーがやはり注目になります。ホワイトタイガー、なんのかんのでちょこちょこ産まれてますからね。基本的に人に慣れていることもあって、いろいろな表情を見せてくれるのが、嬉しいところです。混んでるけど。

明日のお天気は~♪

基本的には猫なので、普通に顔も洗います。ちなみにこのときは耳まで洗わなかったので、予報は晴れ。次の日も地獄のような暑さでしたとさ。天気崩れるんじゃなかったんかい・・・。

シマウマベビー

この季節は小さな子供たちにも出逢えます。こちらはシマウマの赤ちゃん。まだ足元もおぼつかない様子ですから、最近生まれた子かな。お母さんの後を必死についてまわるのが可愛かったですね。結構ここで、時間かけて眺めてました。

これも愛のかたち

こちらはライオン、実はホワイトタイガーよりも人気があるんじゃなかろうか・・・とは思うのですが、やはり百獣の王の貫禄というところですかね。

ライオンの愛情表現はやっぱり猫。要は頭突きです。この写真、連写の中で一番可愛くスキンシップしているように見えているものを選んだのですが、これ、メスは頬を擦り合わせているのではなく、このあと正面を向いて押すのあごを頭突きでしっかり押し込み、オスが顔を引くというのが写ってます(笑) 猫の頭突きも痛いしねぇ・・・。

やぁ、どうも。

そしてレッサーパンダ。立っているところはやっぱり可愛いですね~♪
レッサーパンダは動物園に行くと大抵は撮っている、気に入ってる動物だったりします。なにがって表情がたくさん顔にでるのがなんといっても楽しいし、可愛い。

ちなみに手前に写ってる頭は姪っ子のものですね。2日目は姪っ子のカメラマンをやってましたので(苦笑)

バードウォッチング

2016年02月07日 23:54

冬は鳥の季節ということで、こまめにバードウォッチングをしてます。特に渡良瀬遊水地はたくさんの鳥と出逢えますからね。

モズ
モズ posted by (C)Air

こちらは葦原にいたモズ。茶系統の色ではあるけど、葦はもう色が薄くなっているので、モズは結構目立ちます。こまめに鳴いてくれるので比較的見つけやすい鳥ですしね。

隠れてます。

こんな感じに木の陰に隠れちゃってることも多いので、立ち止まって探さなければならないので、まぁ、眼の運動にはなるのかな。耳を頼りに目星をつけて探すという感じですからね。人のそばまできてくれないのも難点です。

カンムリカイツブリ

カンムリカイツブリは一年中見かけるのですが、やっぱり冬は冬で水鳥の多い季節、良いですね。昔から水鳥は好きだったもので、今でも見かけると写真を撮ることが多いです。とはいえ、昔に比べると水鳥は減った気がするなぁ・・・。

ひっそりと・・・

こちらはカシラダカ。葦原の中を歩いていくとよく見かける鳥です。今回は冬鳥はツグミを見かけた程度で正直、ちょっとさびしい。ベニマシコも未だに見ることが出来ていないしね。まぁ、また出かければ良いだけの話ではあるのですが(苦笑)



最新記事