白糸の滝 -静岡県-

2014年04月19日 12:56

富士宮まで来たからには白糸の滝も見ていかなければ損というものです。富士山の世界文化遺産の構成に含まれている滝ですね。

白糸の滝 手前から

というわけで白糸の滝、寄ってきました。以前撮影したときは観爆台まで降りて撮影できませんでしたから、今回始めて下に下りて撮影できたことになります。なんといっても奥行きが凄い。店側から降りていくと、一番有名なところまではそれなりの距離がありますからね。これは手前からの撮影です。

白糸の滝 パノラマ

で、奥行きが分かるのがこれ。滝の高さは25mだから、えらく横に長い滝なんですね。これが基本的に岩肌から染み出てくる湧き水なわけですから、なんというか凄い。

白糸の滝

そしてこちらが一般的に使われることが多い白糸の滝ですね。やっぱりこのアングルが一番豪勢に見えるから人気なんですかね~。雲が無ければ富士山もこの滝の上に見える位置になるので、富士山が見えていればよかったのですが、あいにくこの時間は曇りだったんですよね(苦笑)

スポンサーサイト

富士山と桜

2014年04月13日 22:43

先週は会社をサボって・・・じゃなかった、有休をつかって富士山を撮りに富士宮まで行ってきました。なんで、そんなものを今更といわれそうな気はしますが、まぁ、せっかく関東に住んでいるんだし、そのうち噴火して形が変わってしまうかも知れない山なわけだし、綺麗なうちに一度撮っておきたかったんですね。撮ったことなかったし。

富士山 HDR

で、朝っぱらから富士山周辺をうろうろして撮影していたわけですが、まぁ、富士山と桜の露出が合わないこと合わないこと。太陽の光が弱い朝ということもあって、富士山に露出を合わせると桜がつぶれ、桜に露出を合わせると富士山が飛ぶという状態だったので思い切ってHDR前提で撮影することにしましたとさ。

この写真は露出を変えた7枚を合わせてます。まぁ、桜の花がちょっとした風の影響でブレまくるのは多重露光ならではと言えますが、まぁたまには面白みがあって良いかなと。

昼が近づいて太陽の光が桜にも十分当たるようになると、普通に写せるようになります。

大石寺から見上げる富士山

色の加減も変わってくるし、このアングルでの撮影が大石寺からの富士山としては一番メジャーかも。少し雲が出てきて富士山が隠れてきてしまっていますが、これはこれで高さが強調されて良いかも。

まだこの時期の富士山は雪山で真っ白なので桜と合わせると映えますね。青い空と相まって桜の色を強調してくれます。この位置から見上げる富士山は頂上がちょうど剣ヶ峰が真ん中に来るのでより高い山という印象も受けますね。以前富士山周辺に行った時はガスってて富士山を撮ることは出来なかったので、今回はしっかり撮れたので満足ですね♪

陣馬の滝

2013年08月02日 18:06

さて、白糸の滝まできたら、少し足を伸ばしてみておきたい滝がもう一つあります。それが陣馬の滝。白糸の滝の上流、ほぼ源流に位置する小さな滝ですね。

陣馬の滝 半景
水、少ないね・・・

これが伏流水だ!!
この滝、まぁ、一応この上流にも川は流れていることになっているようですが、基本的にはこの滝、というか、壁面から伏流水があふれ出してきます。写真を拡大するとわかりやすいのですが、壁から水が凄い勢いで流れ出しているという感じなんですね。伏流水がメインの滝って何度も見てきたけど、ここまで間近に水が出てくるところを見ることが出来る場所は初めてです。

しかも滝つぼの真下まで、歩いていけるというのもここの特徴。なので、通り一遍の滝の写真のほかにこんな写真だって撮ることが出来ます。

陣馬の滝

白糸の滝のような迫力はないですし、観光地というよりは、素朴な小さな滝というイメージなのですが、この滝はお気に入りですね。つか、水の中に入って遊びたい・・・というのが正直な感想だったりします(笑)とても浅いので小さな子供たちは実際に入って遊んでましたけどね。

ちなみにこの水の一部はそのまま近所のわさび田まで引かれていました。わさび、近所の道の駅で売っているかな・・・と思ったんだけど、さすがに売ってなかったですね。

それにしても滝の上に生えている葉っぱ、もしかすると野生のわさびなのかな?

白糸の滝 -静岡県-

2013年08月01日 23:46

夏休みも後半突入だし、多少の天気の悪さは仕方ないってことで、白糸の滝に行ってきました。

白糸の滝

まぁ、霧が凄くて涙が出そうなシチュエーションではあったんだけどね・・・。なんとか撮って来たけど、これはコンディションがいいときにもう一回来たいところだねぇ・・・。

休憩中 -大滝温泉-
休憩中 -大滝温泉- posted by (C)Air

ちなみに今回もマイカーのWiLL-VSでのお出かけですね。一般的に埼玉県からこの静岡県の白糸の滝にいく場合、東京を抜けて東名高速が一番メジャーなルートなのですが、それじゃつまらない!!というわけで、何を血迷ったのか、奥秩父を抜けて、雁坂トンネルを抜けて、精進ブルーラインから富士パノラマラインを走っていくルートを選択。

この写真は行きに道の駅 大滝温泉で撮影した写真ですね。雲かかってるし、雨降ってるし・・・でも山越えれば晴れてるよね、たぶん・・・というノリで山越えしてました。それにしてもさすが夏休み。冬場と違って午前5時前でも人の姿がちらほらしてましたね。

さて、白糸の滝の反対側の音止めの滝はというと・・・

音止めの滝

こちらもこんな状況。白糸の滝よりはまだ見えるってくらいですね。まぁ、これじゃつまらないので、白糸の滝周辺をぐるっと回ってみることに。まぁ、午後には霧も晴れるんだろうけど、そこまで時間を潰すものもないので、散歩したら帰るか~くらいの感覚で歩いていたんですが、まぁ、良いスポットを発見。白糸の滝はそれなりに満足する写真は撮れましたとさ。

白糸の滝

しかし、こうやって見ると、やはり長野県、軽井沢の白糸の滝とは迫力も水量もぜんぜん違う。今は12月まで工事中ということで、滝つぼまでは降りられないのですが、これはぜひぜひ一度、滝つぼまで降りて写真は撮ってみたいですね。

まぁ、来年あたり、また来てみよう♪
世界文化遺産に登録されて、この周辺は来年はものすごく混みそうだけどね・・・。混雑は好きじゃないからまた早朝・・・そして霧が・・・ってことになりそうではあるけど・・・(苦笑)


最新記事