曇りだけど梅 -筑波山 梅園-

2015年03月23日 23:42

なんというか、の季節は天気に恵まれたという印象が全くないんだよなぁ・・・いや、マジで。

梅園
梅園 posted by (C)Air

というわけで、イマイチな天気での写真を撮ってたりしました。まぁ、もう慣れてるけどね、いやほんと・・・。

ちなみに筑波山梅園の特徴はなんといっても立体的な配置との色合いがポイントになります。小路も梅のトンネルを抜けるようなものがいくつもあるので、スギ花粉を気にしなければ十分に楽しめるところですね。

春の小路

こんな感じで梅の中を歩くことが出来ます。また、たくさんの色の梅を一つのフレームに収めることが出来るのも嬉しいポイント。なので、場所を選ぶけど、こんなたくさんの色を組み合わせることができるのは楽しいですね。ちょっと雑多になっちゃうけど。

春爛漫
春爛漫 posted by (C)Air

で、毎年この時期に突然、使いたくなって引っ張り出すα100、今年も引っ張り出しました(笑)

空を目指して

2006年に発売されたカメラだからかれこれ9年経つけど、昼間の撮影ならキチンと設定してあげればまだまだ現役で通用するんだよなぁ・・・。さすがにメイン機にしたいとは思わないけど、色味とか綺麗にまとまってましたね。

スポンサーサイト

2013年 初日の出

2013年01月01日 23:27

というわけで、年が明けて2013年になりました。旧年はお世話になりました。今年もよろしくお願いいたします。今年も全力で写真は撮る予定です。あ、仕事も全力で頑張ります。たぶん。

2013年 初日の出

というわけで、今年も初日の出撮影にチャレンジしてきました。まぁ、個人的にはうまく撮れたかな~という印象ですね。ゴーストは出ているけど、太陽という強烈な点光源を入れている以上はどうにもならんし、日輪も写っていますしね。一年の初めを撮り初めって勝手に呼んで気合を入れて撮っていますが、今年はまぁ、満足の出来でした♪

場所は茨城県、筑波山(男体山)山頂での撮影です。雲海の下に広がるのは霞ヶ浦ですね。

ちなみにケーブルカーで山頂付近まで登れることもあって、人は多いのですが、装備が貧弱すぎです、みんな。普通の運動靴でアイスバーンになっている山道を登るのも危険ですが、日が昇ってから。少しずつ溶け始めたアイスバーンを下るのはもっと危険です。岩場で転んでいる人を何人か見かけましたが、下手すりゃ死にますからね。もうちょっと冬山に登るという感覚は持ってほしいです。

しかし、今年は風もあってものすごく寒かった。けど、この写真が撮れるならまぁ良いかな~と♪

袋田の滝

2012年11月15日 00:07

そんなわけで、袋田の滝です。

袋田の滝

これはちょうど、太陽が昇り始めて、朝霧に乱反射している逆光条件という聞くだけですっごくめんどくさい条件で撮影しています。まぁ、かなりの人がうまく撮れないって断念してましたねぇ・・・(苦笑)

ちなみに袋田の滝といってもこういった全景を収めているものよりは、この紅葉と対岸の黄色をあわせて撮っている構図がかなり多い滝ですね。とはいえ、日本の三名爆ですから、やはり全貌も撮っておきたいわけで、こんな感じですね~。条件は決して良くなかったけど、楽しめました。

生瀬の滝

こちらはこの袋田の滝の脇を上っていて、さらに上流に行ったところにある滝ですね。個人的には袋田の滝よりもこちらの方が水の流れが起こす美というのがあるように感じます。袋田の滝から、急斜面を登っていくし、お世辞にも安全とは言えないレベルの山道ですが、行ってみる価値はあると思いますね。まぁ、子供を連れて行くのはお勧めしないし、体力に自身が無い人にもお勧めしませんけどね。そんだけ意思の階段のぼりが辛いです(汗)

朝霧の滝

2012年11月13日 01:29

そんなわけで紅葉真っ盛りなので、写真を撮りまわってます。

袋田の滝 第一展望台から

これは茨城県大子町の袋田の滝ですね。朝7時だとさすがに人は少ないのですが、朝霧がすごい・・・。とはいえ、こういった霧のある風景って良いですね。そういえば、お気に入りの写真で霧の入っている写真は結構あるかも・・・。

袋田の滝 下段

袋田の滝って結構水量が多いかと思っていたのですが、意外と水量は多くは無いんですよねぇ・・・。とはいえ、この水が糸のように流れるのが個人的には好きですね。水量が多すぎるとこうも行かないので、これはこれで良いですねぇ~

朝3時に家を出たかいがあった♪

紅葉
紅葉 posted by (C)Air

朝霧が紅葉の山肌を隠すので、紅葉もこんな感じに写ります。
これはこれで良いですよねぇ・・・。やはりこういった雰囲気こそが秋の風景という感じがして良いですね。



最新記事