境町花火大会 -2017-

2017年07月31日 22:42

そんなわけで花火大会の季節です。

閃光彩る

まぁ、これをみないと夏を迎えた気がしないよね。ってことで、今回は遠巻きに眺めてます。

遠くから眺める花火

まぁ、実際かなり遠いわけだけどね。望遠での撮影だし。望遠での撮影でめんどくさいのがピント合わせ。花火って球で広がるから、ピント合わせをきちんとやらないとピンボケになりやすいですからねぇ・・・。まぁ、ある程度は慣れで済ませられるけど。

夜空に咲く花

特にスターマインはいつ見ても鮮やかで気持ちが良いですね。これくらいの勢いでガンガン打ち上げてほしいけど、まぁ、それじゃあっという間に終わっちゃうか・・・(苦笑)

フィナーレ近づく

まずは今年最初の花火大会をしっかりと楽しみました。
他の花火大会も今年は行きたいなぁ・・・とは思っているけど、まぁ、次の花火大会はどこにするか決めてないので、そのまま夏が終わってしまうかもしれんね。(汗)

スポンサーサイト

寺坂棚田ホタルかがり火まつり -2017-

2017年07月07日 00:06

横瀬町寺坂棚田で開催されたホタルかがり火まつりに行ってきました。まぁ、篝火ってだいぶ明るいので、蛍は飛んでくれないですけどね。まぁ、条件的にも少し気温が低く感じられたので厳しかったと思うけど。

篝火と武甲山

今回は三脚装備でじっくりと長秒シャッターで撮影しています。まぁ、そんなわけで実際よりかなり明るくなってはいるのですが・・・

篝火と棚田

こんな風に撮れるのが、長秒シャッターの魅力の一つだと思っています。棚田を覆うような篝火って実際にはぽつぽつ明るくなってるくらいの印象なので、こうやって肉眼では見れない世界を撮るのは楽しいですね。

武甲山
武甲山 posted by (C)Air

定番の位置から武甲山の撮影もやってます。工場の明かりや街の明かりで照らされてライトアップ気味になっているのが面白いところ。綺麗にまとまるから定番スポットなんですけどね(苦笑)

まだ明るい時間

ちなみに比較的明るい時間から撮影していたのですが、これが昼間の棚田の風景。雲が山を越えて落ちてくるところは圧巻でした。望遠レンズ持ってくればよかったねぇ・・・。

まぁ、撮影するチャンスはまためぐってくると思うので、楽しみにしてますけどね。

都電荒川線

2017年06月30日 12:08

仕事帰りに街中を歩いて写真を撮ったりというのも最近はやってます。最近気に入っているのは荒川線ですね。

入線
入線 posted by (C)Air

何が良いってこういった小さな電車って人とか、時間とかの流れがしっかり感じられるから。街の中を走るからなおさらなのかもしれませんが、バスと電車を足して2で割ったような路線ですからね。

力いっぱいの加速

コンパクトな車体をモーターの力で引っ張るので、加速時の迫力は実はすごかったりします。新幹線のようなスピードは出ないんだけど、ぐって後ろに引かれる感覚はほかの電車ではなかなか味わえないかと。

花の中を走る

昼間はこんな感じ。梶原駅のそばで撮影ですが、この駅には都電最中を売っている和菓子店もあります。小さな商店街がいくつもあるので、下町の雰囲気を楽しめますね。

街・人・時間の流れ

渓谷歩き -山梨市 西沢渓谷-

2017年05月31日 23:22

西沢渓谷は秋しか撮影に行ったことが無いので、秋のイメージだったのですが、今回は初夏のタイミングで行ってきました。

西沢渓谷をあるく。

西沢渓谷は滝も多く、水の流れる音と、森林浴を楽しむようなところです。まぁ、七ツ釜五段の滝の頃はかなりヘロヘロになっている人も多いんですけどね(苦笑)

水煙
水煙 posted by (C)Air

で、こちらが七ツ釜五段の滝のもっとも下の部分ですね。上部から勢いよく水が落ちてくるのね。水煙が凄いことになっていますが、これも実際に見てみると大迫力だったりします。
七ツ釜五段の滝

ちなみにこちらが七ツ釜五段の滝の風景です。こちらはトロッコ列車向けに敷設された道から下をのぞくことで、七ツ釜五段の滝を別の視線から楽しむことができますね。

ただし・・・

アズマシャクナゲ

今回出かけた理由はこちらのアズマシャクナゲが見ごろになりそうだったから。群生地とはいっても一気にたくさんの花が咲くのではなく、徐々に花が見ごろになってゆく・・・というパターンなので、一面ピンク色!!みたいなことにはなりません。

普通に山の斜面で咲いている花なので、いろいろ散策しながら歩くと楽しめます。

葦焼き 2017 -渡良瀬遊水地-

2017年03月20日 23:35

というわけで、3月18日は年に一回の渡良瀬遊水地葦焼きの日。というわけで撮影に行ってきました。

今年の葦焼き開始

8時半から葦焼きを始めるんだけど、まぁ、実際はそれよりも少し前から始まってたりします。今年は風向きの影響もあって、一部、うまく燃えなくて、苦労しているようでしたね。

最初は小さな火種から。

最初はこんな小さな火なのですが・・・

広範囲が一気に燃えます。

数分でこうなります。
火の怖さがわかる瞬間ですね。

火柱と煙。

燃えている間はこんな感じで、煙と火柱が噴きあがります。実際、雲は遠くからも観察できるほどなのですが、今年は気象レーダーにもしっかり写ったみたいですね。

太陽も隠れる煙

太陽も隠れるほどなので、あたり一面が薄暗くなります。実際、火が消えてしまうと寒く感じるほどの天気でしたからね。

焼け野原に・・・

火が弱くなるとこんな感じ。まだくすぶっていますが、お昼近い明るさではありません。まだ火がくすぶってる状態ですね。

たぬき
たぬき posted by (C)Air

しばらくすると、タヌキが様子を見にきてました。
ここ、野生動物が多いので、葦焼きのあとは動物を見つけやすくなってしまうんですね。

菜の花の炎

目の前の葦にも火がついたので、菜の花越しに撮影。この時は特に熱かった。まぁ、火の勢いや、焦げて飛ばされていく葦を見たりできるのは貴重な体験でしたね。

まぁ、そのあと、風を引いたらしく、いまだに声がうまく出ないのですが・・・(苦笑)



最新記事