桜の街を歩く -白河市街~乙姫桜-

2016年04月29日 14:17

少し時間が空いてしまいましたが、今回まで白河ですね(笑)

白河の街を見下ろす

そりゃ、小峰城から街を見下ろしたわけだし、線路をはさんで反対側には乙姫桜もあるので行ってみたいじゃないですか(笑)
白河の街自体が、が多いのでちょっとした散策でも楽しめます。そういや去年は雉と遭遇したりしたねぇ・・・。で、今回は・・・

仲良しカルガモ

カルガモですね。二匹で仲良く小川を泳いでいました。所々餌を食べながら進むところが見ていて飽きないですね。ちなみに人になれているようで、写真を撮っていても全く気にしません。こういうタイプの鳥は撮りやすくていいわ~(笑)

セグロセキレイ
 セグロセキレイ posted by (C)Air


こちらは都内でも見かけることのあるセグロセキレイですね。この鳥、昔読んだ図鑑では水の綺麗なところで見かける・・・みたいなことが書いてあった気がするけど、どこにでもいますね。いや、ほんとに。昔よりも見かける機会が増えてきたので、環境が良くなってきたといえるのかもしれませんが、その辺は鳥に聞いてみないと分かりません(笑)

とはいえ、水辺が似合う鳥なのは事実。とくにこの背中の黒い羽根と、側面や腹側の白い羽根のコントラストが綺麗な鳥です。ありふれた鳥ですが、実はお気に入りの鳥の一つですね。






乙姫桜
乙姫桜 posted by (C)Air

こちらが白河市で有名なの一つ、妙関寺の乙姫桜ですね。

紅しだれ桜なのですが、こちらの桜、将軍家に桜の苗木を献上するために立ち寄った伊達政宗から分けてもらったという言い伝えがあります。実際、幹の太さも枝ぶりも花の色づきも見事な桜で見上げるように眺めると歴史を感じさせますね。

しだれ桜でここまで大きな桜になるとやっぱり写真を撮っていて楽しいですね。さすがに境内がそれほど広くないこともあって、撮影方法が限定されてしまいますが、それはそれで大きな桜の特徴の一つでしょう。

春のご馳走

帰りに見上げたソメイヨシノで花を啄ばむヒヨドリを発見。この鳥、それほど綺麗という印象は無いのですが、こういう撮り方をするととても綺麗な鳥に見えますね(笑)

実際、囀る声も含め、とても楽しげで良い一時を過ごせました。

スポンサーサイト

小峰城 おとめ桜 -白河市-

2016年04月24日 00:18

小峰城といえば、おとめ桜です。実際、小峰城で撮影をしていて、「おとめ桜はどちらですか?」と何回か尋ねられてますしね。

おとめ桜

萌えキャラの小峰シロちゃんなど、話題になりやすくなってますし、やっぱり街のシンボルの一つですからね、このは。

昨年は天気が今一歩で、おとめ桜を撮る頃には曇り空。もっと綺麗に撮ってあげないとね~ということで、今年はリベンジで撮影してきました。TwitterではFishEyeで撮ったものを載せたので、こちらは超広角で撮影したものを。まぁ、最近のレンズの逆光性能を知る結果になりましたけどね。超広角は2004年に発売されたレンズだもんなぁ・・・(汗)

青空とおとめ桜

逆光じゃなければ申し分ない性能なんですけどね(苦笑)
ちなみに反対側はまだ工事中で石垣を直している最中です。震災から5年経った今でもこういった建造物の修復はまだまだ続いているわけで、そう考えると熊本城の修復も大変なんだろうな、と思っています。


さて、今回は動画も撮っていたりします。良い天気だったし、風は強かったけど、動画も撮って行きたいな~とは思っているので。

最後のシーンだけα6000、前二つのシーンはα99に外部マイクをつけていますが、それでも風音は強い。動画の撮りやすさもやっぱりα6000の方が良いな~と思うわけで、この辺はそのうち、α6000ばかりになってしまうかも。いや、α99でもうまく撮れるようになりたいと思っていますけどね。

おとめ桜については、白河市の観光物産協会のホームページでも簡単に説明されていますが、「おとめ桜」伝説を題材にした短編映画も作られるらしいので、そちらを見てみるのも良いかもしれませんね。公開がいつになるかはまだ分からないけど。

桜の城 -白河市 小峰城-

2016年04月23日 23:41

の中に立つお城、小峰城です。

桜の城
桜の城 posted by (C)Air

もちろん今年も行ってきました。今年はまだ事故の影響もあるので、平日に有休を使って撮影してきました。まぁ、それでも少し首は痛くなったんだけどね(苦笑) 

とはいえ、の撮影という点ではちょうど良いタイミングになったことと、青空の広がる天気は絵になるわけで、撮影そのものはかなり楽しみました。さすがに風は凄かったので、撮りにくいと感じるところもあったんですけどね(苦笑)

桜吹雪
桜吹雪 posted by (C)Air

風が強いので桜の花びらが青空に舞い上がります。遠山桜ではありませんが、見事な桜吹雪ですね。感覚的には雪を撮るのと同じような印象です。舞い上がった瞬間を待って撮影ですしね。フラッシュを使わなくて済むのが楽なところですが(笑)

城内の桜

小峰城はいたるところで桜が咲いているので、三層櫓に向かう道のりでもたくさん桜が楽しめます。桜祭りで三層櫓に登るまでも楽しめるというのが良いところですね。

青空と桜と太陽と。

まだ復興工事中なので、いたるところで立ち入り禁止となっているのですが、今見ている範囲でも十分に楽します。青空と太陽と桜が揃うと本当に気持ちの良い風景が広がりますね。早くすべて元通りになると良いですね。また、来年も撮影に来るとは思っています。

桜の山 -群馬県 桜山公園-

2016年04月17日 00:04

そんなわけで病院の帰りに桜山公園でも・・・。というわけで、リハビリの帰りにを撮ってきました。

桜の山道

だって、って・・・というか、四季って季節限定のもんだし、今撮らないでどーするのよってところですかね。まぁ、身体が本調子ではないので、いつものようにα99とα900を背負って・・・とは行かないのが厳しいところですが。ちなみにここ、桜山公園は桜に囲まれた峠道を抜けて駐車場に入ります。さすがは桜の山、演出が良いですね。

桜の中を行く

公園の中を歩いても、いたるところに桜があるので、ものすごく楽しめます。ここ、シートを敷いてお花見というのが難しい場所なので、人が少ないという点も写真が撮りやすいポイントですね。まぁ、週末は多いのかもしれないけど・・・(汗)

桜の山
桜の山 posted by (C)Air

尾根伝いに進むので、ところどころ見事な展望に出逢えます。いかにも春って印象の写真になりますが、こういうの、好きですね♪魚眼だと歪曲もすごいけど、世界がぎゅっと押し込まれたこの感覚も魚眼ならではですしね。

ヤマザクラ

白とびもなんのそのって感じでヤマザクラを魚眼で撮影。花にくっつくかというほど近づいて撮影してます(苦笑) 葉の赤と、花びらの白の組み合わせが華やかさを演出するんですよね。実は桜、花も好きですが、葉も好きだったりします。


望遠レンズは持っていかなかったので、鳥は撮っていませんが、鳴き声はにぎやかでしたね。鳥の鳴き声は爽やかで元気をもらえます。青空に桜もあるしね。

サクラハッピーイノベーション

今年はソメイヨシノヤマザクラ、コブシ、ヤマツツジと一気に咲いてくれたので、いつもよりも山は華やかです。異常気象とはいえ、来年も同じってことは無いと思うので、今年ならではの風景ですね。たぶん、ゴールデンウィークまでいろいろな名場面を自然は演出してくれると思っています。

枝垂れ桜

最後は枝垂れ桜で。

いや、ほんと華やかな一日でした。いや、病院の中はま~ったく華やかじゃなかったけどね。でもこういった光景を見れれば少しは気晴らしになるものです。まぁ、峠道は首痛くなったけどね・・・うん・・・。

夜桜 -上野恩賜公園-

2016年04月07日 19:47

の季節になると必ずといっていいほど、テレビに出る上野公園です。

夜桜の祭り

ここ、実はちょこっと細い路地にもが咲いているので、提灯の明かりとあわせて撮影なんてこともできるので、実は写真を撮っていて楽しいスポットだったりします。まぁ、高感度での撮影なので、ノイズは丁寧に取り除く必要があるけどね。今回も魚眼で・・・というか、最近魚眼ばっかだな(苦笑)

ちなみにこの写真はちょっと入ったところで撮影しているけど、まぁ、飲んでいる人も多いので喧騒が凄い。でもこれが下町の花見って感じがしちゃうんですよね(苦笑)

夜桜と人の賑わい

そしてこちらがメインストリート。桜を照らす照明もあって撮影はしやすいのですが人も多い、そしてお店も多い(笑)
ここは両側から広がる桜がなんといってもきれいな場所ですね。明るい照明のおかげで、桜の色も綺麗に強調されているし、枝の広がりがとても見事でした。奥の桜も照明で照らしてくれるとさらに綺麗なんだろうけど、さすがにそれは無理かな。

夜空にかかる桜橋

天の川のように夜空を横切る桜ですね。もう少し先のほうも花が付いていると良かったんだけど、このへんは来年に期待ということで。その前に切られちゃうかな?(汗)

桜はやっぱり華やかなのが嬉しいし、それを昼も夜も楽しめる季節はやっぱり好きですね。



最新記事