FC2ブログ

どうくつ酒蔵 -那須烏山市-

2015年07月29日 00:09

龍門の滝のあと、どうくつ酒蔵の開放日だったので、そのままどうくつにも行って来ました。

洞窟を行く

見て分かるとおりの凄い湿度で、入り口に近い木にはキノコが、奥の光の当たっている所にはコケが生えています。年間15度程度に保たれているので、ここを日本酒の熟成に使っているのだとか。ちなみにこの洞窟、一つの岩盤をくりぬくように作られているため、崩落などの危険性もなく、安全との説明でした。まぁ、あの震災にも耐えているわけだしね。

この洞窟、元々の経緯としては第二次世界大戦の時に戦車工場として作られた物で、実際、この写真のところは戦車が通れる設計になっているとのこと。まぁ、実際は戦車を作る前に終戦になったようで、その後、酒蔵として活用されるようになったとのことです。

光の無いところは真っ暗

光の無いところは基本的に真っ暗です。この奥は日本酒を熟成させているところで、昭和47年のものからあるそうです。生まれる前の酒かぁ・・・どんなんだろうね。なんて思いながらも、高すぎるので断念してます(笑)

ちなみにオーナーズボトルとして、決められた年数を保管するという仕組みもあるようで、子供が生まれたときに申し込んで、20年という感じで、アニバーサリー的な用途でも使用されているようですね。この仕組みは話題になったら、もっと人気がでるかもしれない。

まぁ、運転手じゃない嫁さんはしっかりと試飲していたのですが、運転手は飲めず。香りで判断して、平均18年程度の熟成といわれている吟醸酒、金ラベルを買って帰りましたとさ。ちなみに尖った感じが全くなくて、口当たりが滑らか。香りが凄く高いというとっても美味しいお酒でした。まぁ、度数が高いので、調子に乗って飲みすぎると後が大変かもしれないけどね。お酒の弱い人は要注意です。

なお、どうくつ酒蔵は地元の酒蔵、島崎酒造さんが管理されてます。洞窟の開放日などはホームページに記載があるので、気になる人はチェックしてから行ってみてくださいませ。

スポンサーサイト



龍門の滝 -那須烏山市-

2015年07月27日 22:48

なかがわ水遊園の後は南下して龍門の滝へ。

龍門の滝

ここは昨年も撮影に来ていますが、今回は台風の後ということで水量が凄く、普段はまで気軽に進めるんだけど、今回はのそばまでは進めず。気楽に撮影とは行きませんでしたね。

紫陽花と雨と滝と

大きくしないと分からないけど、雨が降ってきています。まぁ、写らないだろうな~くらいに思っていたら写っていたのであとから確認してびっくり(笑) でも紫陽花と滝の演出にはちょうど良いというところですね。

初夏の紅葉と滝

風もまだ残っていたため、紅葉も風に揺らされているのですが、まぁ、台風がイマイチな雰囲気でぬけていったのでこんなもんですかね。陽の光の動きも場所によって大きく変わるので、まぁ、撮りにくい日でした。

龍門の滝

ちなみにこの写真、滝のすぐそばでアオサギが魚を狙ってたりします。これだけの水量がある中で魚を撮るというのは野生って凄いな~とは思うんですが、まぁ、アオサギの場合、水の抵抗は最小限だろうしなぁ・・・。

それにしても、水の迫力が凄いのは雨の後ならでは。今回は今回で撮影は楽しめました。三脚持って行ったらもう少し面白い撮影になったと思うんだけど、それが残念かな。

龍門の滝 -那須烏山市-

2014年08月07日 23:27

夏休みはもう一つ、栃木県那須烏山市にある龍門の滝も見に行ってきました。

龍門の滝

幅65m、高さ20mですから結構大きなに分類されます。実際水しぶきをかぶりながらの撮影になるので、カメラやレンズが防滴処理されている中級機以上のカメラで無いと撮影がちと怖いですね。まぁ、防塵防滴の上級機であっても、撮影後はすぐにメンテナンスしなければならないんだけどね。

水の勢いにするか、流れを線で描画するか迷ったのですが、やっぱ線で描画することにしました。いや、日本のの綺麗さってこの様式美みたいなところがあると思うからねぇ・・・。

遊歩道が整備されているのでものすごく歩きやすいし、滝も見やすいのですが、その割には人も少なく、また迫力を考えても十分な滝ですね。ここまで見やすくて綺麗な滝というのは珍しいかも。

地層
地層 posted by (C)Air

この滝のもう一つの特徴が地層。見事なくらい色の違う地層が重なっているので、見ているだけで時間を感じることが出来ます。この地層も必見かな~と思ってます。

ちなみにそばに滝駅というJR烏山線の駅があるのですが、この路線、時間によっては2時間に1回しか電車が走らないので、車で出かけたほうが良いですね。電化されていないローカル線に乗りたいというのならアリですが。もちろんSuicaも使えません。



最新記事