スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

葦焼き 2017 -渡良瀬遊水地-

2017年03月20日 23:35

というわけで、3月18日は年に一回の渡良瀬遊水地葦焼きの日。というわけで撮影に行ってきました。

今年の葦焼き開始

8時半から葦焼きを始めるんだけど、まぁ、実際はそれよりも少し前から始まってたりします。今年は風向きの影響もあって、一部、うまく燃えなくて、苦労しているようでしたね。

最初は小さな火種から。

最初はこんな小さな火なのですが・・・

広範囲が一気に燃えます。

数分でこうなります。
火の怖さがわかる瞬間ですね。

火柱と煙。

燃えている間はこんな感じで、煙と火柱が噴きあがります。実際、雲は遠くからも観察できるほどなのですが、今年は気象レーダーにもしっかり写ったみたいですね。

太陽も隠れる煙

太陽も隠れるほどなので、あたり一面が薄暗くなります。実際、火が消えてしまうと寒く感じるほどの天気でしたからね。

焼け野原に・・・

火が弱くなるとこんな感じ。まだくすぶっていますが、お昼近い明るさではありません。まだ火がくすぶってる状態ですね。

たぬき
たぬき posted by (C)Air

しばらくすると、タヌキが様子を見にきてました。
ここ、野生動物が多いので、葦焼きのあとは動物を見つけやすくなってしまうんですね。

菜の花の炎

目の前の葦にも火がついたので、菜の花越しに撮影。この時は特に熱かった。まぁ、火の勢いや、焦げて飛ばされていく葦を見たりできるのは貴重な体験でしたね。

まぁ、そのあと、風を引いたらしく、いまだに声がうまく出ないのですが・・・(苦笑)

スポンサーサイト

星は流れず・・・ -しぶんぎ座流星群 2017-

2017年01月22日 00:28

遅くなりましたが、しぶんぎ座流星群、今年は近場で済まそうということで渡良瀬遊水地で撮影していたのですが、まぁ、流れませんでした(笑)

星は流れず・・・

まぁ、体調もイマイチだったので、早々に退散したわけですが、次の日にチェックした限りでは関東近郊ではほとんど流れなかったみたいです。まぁ、こんなこともあるので、ほかの流星群に期待ですね。

ペルセウス座流星群 2016

2016年08月13日 13:52

まぁ、そんなこんなで毎年撮影にチャレンジしているペルセウス座流星群ですが、昨年のダメっぷりに引き続き、今年もダメか・・・と思ったんだけど、何とか撮影できましたとさ。

ペルセウス座流星群 2016

ちなみに前半はガスとの闘い。なにせ、撮影ポイント、雲の中だったんですもの。晴れてきたところで設営し、ささっと撮影。その後はまたひたすら待ち。

2時過ぎには満点の星空が広がりました。

天の川
天の川 posted by (C)Air

が、しかし、このタイミングではもう、流星を数えるのに一生懸命だったり、人工衛星眺めたり、ペルセウス座流星群の放射点とは明らかに別の方向からくる流星群があるので、あれ、なんだっけ~とか思いながら数えてみたり。白鳥座のほうから流れてきていたので、水瓶δ流星群か、やぎ座流星群だね、たぶん。でもペルセウス座と差のない発生がこのタイミングでというのはちょっと珍しいかも。

まぁ、今年の流星群はすごかったので、大満足でした。-4等くらいあるんじゃないかというくらいの流星も見れましたしね。

バードウォッチング

2016年02月07日 23:54

冬は鳥の季節ということで、こまめにバードウォッチングをしてます。特に渡良瀬遊水地はたくさんの鳥と出逢えますからね。

モズ
モズ posted by (C)Air

こちらは葦原にいたモズ。茶系統の色ではあるけど、葦はもう色が薄くなっているので、モズは結構目立ちます。こまめに鳴いてくれるので比較的見つけやすい鳥ですしね。

隠れてます。

こんな感じに木の陰に隠れちゃってることも多いので、立ち止まって探さなければならないので、まぁ、眼の運動にはなるのかな。耳を頼りに目星をつけて探すという感じですからね。人のそばまできてくれないのも難点です。

カンムリカイツブリ

カンムリカイツブリは一年中見かけるのですが、やっぱり冬は冬で水鳥の多い季節、良いですね。昔から水鳥は好きだったもので、今でも見かけると写真を撮ることが多いです。とはいえ、昔に比べると水鳥は減った気がするなぁ・・・。

ひっそりと・・・

こちらはカシラダカ。葦原の中を歩いていくとよく見かける鳥です。今回は冬鳥はツグミを見かけた程度で正直、ちょっとさびしい。ベニマシコも未だに見ることが出来ていないしね。まぁ、また出かければ良いだけの話ではあるのですが(苦笑)

草紅葉 -奥日光 戦場ヶ原-

2015年10月05日 23:43

奥日光というと、小田代ヶ原よりも戦場ヶ原を思い浮かべる人が多いと思います。まぁ、小田代ヶ原は戦場ヶ原の奥なので、何気に歩くからね。あそこまで行く人は意外とすくないかもしれんねと。

三本松茶屋前の戦場ヶ原

まぁ、そうは言っても戦場ヶ原もラムサール条約で保護されている湿原の一つで、草紅葉についてはこちらも有名。まぁ、ピークは微妙に外してるのがなんともいえないんだけどね(苦笑)

草紅葉
草紅葉 posted by (C)Air

定番過ぎるので話題性がないのか、小田代ヶ原ほどはテレビの露出はない気もするけど、ここも木道をあるいて湯滝までとか行けば結構楽しめます。それなりの運動量になるんですけどね。一部の草紅葉はいい感じで見ごろでした。

湯滝
湯滝 posted by (C)Air

戦場ヶ原の真ん中からは実は湯滝を見ることができます。超望遠レンズが必要になるし、双眼鏡なんかがあった方が見つけやすいというレベルですけどね。これは135mmをトリミングしているけど、本気で狙うのなら、500mmくらいは欲しいところ。

戦場ヶ原パノラマ

草紅葉のシーズンは終ったけど、紅葉そのものはまだまだこれからなので、お勧めの散策スポットですね。ちなみに熊避けの鐘が新たに設置されていたのは印象的でした。まぁ、熊増えたからねぇ・・・。



最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。