夜桜 -上野公園-

2017年04月09日 23:54

なんというか、毎年撮影してますね、ここ。

夜桜
夜桜 posted by (C)Air

まぁ、上野公園は仕事帰りにひょいと寄れるので、撮りやすいというのはありますが、噴水広場手前のの賑わいはいつ見ても華やかで、夜桜をしっかりと楽しめます。まぁ、人はものすごく多いんですけどね(苦笑)

夜桜並木

基本は御徒町の方から、上野公園に入って、桜を眺めながら上野駅まで向かいます。この段階でかなり人が多いのですが、まぁ、平日なのでそれでも少ない方・・・という印象ですね。
桜のトンネルとまではいかないまでもかなり広い範囲を桜がおおってくれます。

月の松を背景に・・・

こちらは寛永寺の月の松を背景に撮影。ここの桜はどうもタイミングが少しずれていたみたいで、イマイチ。ちょっと残念でしたね。

スポンサーサイト

サンライズ瀬戸

2017年02月20日 01:03

まぁ、黙々とRAW現像をしていたのですが、一区切りついたので。
家族旅行で香川県に行ってきました。

サンライズ瀬戸

行きはこのサンライズ瀬戸に乗って、高松に向かいます。なんでこれ?とか思われそうだけど、寝台だと夜寝ている時間に移動が完了するので、楽なのですよ。朝早くから行動できるしね。

サンライズ瀬戸 B寝台個室

車内も意外としっかり。居心地の良い空間で快適に旅行に出かけることができました。今後も寝台特急は続けてほしいねぇ・・・。

瀬戸大橋 ブルーアワー

瀬戸大橋で日の出かな~なんて思っていたんだけど、日の出にはならず。
日の出は見れないかな・・・って思っていたのですが・・・。

マジックアワー

高松駅に向かう途中で何とか撮影できました。

日の出
日の出 posted by (C)Air

やっぱりいつ見ても日の出は綺麗だね。二階席からなので、ちょっとガラスの湾曲も気になるけど、うまく避ければそれなりに写ってくれますね。

高松駅前

高松駅前も静かでした。朝のタイミングなのでもう少し人が多いのかな・・・くらいに思っていたのですが、そこまでの人はいなかったですね。ここから香川県を回る旅が始まります。

[サンライズ瀬戸]の続きを読む

夜の動物園 -上野動物園-

2016年09月11日 19:19

遅いわって怒られそうだけど、まぁ、お盆の時期のイベント、夜の動物園に行ってきました。去年はα99を使ったけど、今年はまだ首がしっかりしていないこともあってα6000での撮影ですね。

ハシビロコウ

上野動物園というとパンダのイメージが強いと思うんですが、ハシビロコウも5羽いるので、こちらも上野動物園で楽しめる動物(鳥)になっています。まぁ、さすがに夜は動かないんですが(苦笑)

眼光鋭く

とはいえ、真っ暗闇の中で眼光だけ鋭く光るのはさすがにかっこいいですね。まぁ、昼間はひょうきんな顔もする鳥なので、これくらいのほうがイメージが壊れなくて良いのかもしれません(笑)

タテガミオオカミ

そして毎年撮ってるタテガミオオカミ。今年もこの檻の前でかなり頑張って撮影してました。雨降ってくるしね(苦笑)

ISO12800+MF+流し撮りという無茶な条件での撮影でしたが、まぁ何とかまとまったようでほっとしました。ちなみにここはハシビロコウよりはちょこっとだけ懐中電灯レベルでの照明がついているので、撮影はまだしやすい方でしたね(苦笑)

そういえば、フラッシュを使ってしまっている人がいるのはちょっと残念なところと、そして、K-S2で一生懸命AFで撮ろうとしている人がいたなぁ・・・。基本的に夜行性の動物は強い光には弱いのでフラッシュは使ってはいけないですし、暗いところではAFはまず使えないので、置きピンで連写した方が撮影はしやすかったりします。

どもども。

まぁ、こんな感じですね。

モモンガ

とまぁ、撮りにくいタテガミオオカミを撮った後に、動かないモモンガを撮るのはものすごく楽。癒されました(笑)

まぁ、定番の写真も撮ってます。

2016年07月23日 22:30

MEGAWEBではかなり個人的に盛り上がってきたんだけど、そうはいっても車だけ撮ってきたわけでもないです。まぁ、定番の写真も撮ってますしね、こんなのとか。

定番のレインボーブリッジ

定番の構図、定番の被写体、ほんと面白みのない写真に仕上がってます(笑) まぁ、手持ちで撮っているというのは少し定番からは外れるかもねぇ・・・。

それにしても驚いたのがずいぶんと屋形船増えたな~と。景気、良くなってきたのかもね。それにしても画面右側に写っている東京タワー、LED化されて結構面白いカラーになってます。今度、東京タワーでも撮りに行ってみるかな~。

ヒストリックガレージ 噴水

ヒストリックガレージではこんな写真も撮ってます。試乗コース内にある噴水ですね。実は壁に絵が描いてあったり、二階のテラスの電飾の色が時間を追うごとに変わっていったりと、実は芸が細かいんですね。そんなわけでスローシャッターで一枚撮影と。

デロリアン

そしてヒストリックガレージにくると、必ず撮影しているのがこれ、デロリアン。Back to the Futureに登場したタイムマシン機能を持つスポーツカーですね。個人的にはこれでも当時はスポーツカーなんだよな~という印象でしかなかったりしますが。オールステンレスボディなんて重すぎるでしょうよ・・・(汗)

とはいえ、たまにはお台場を歩き回るのも悪くないですね。年に1回から2回くらいしか行かないけど、楽しめました。

夜の紫陽花 -Sony α 10周年記念-

2016年06月13日 00:06

そんなわけで先週はα100を持って写真を撮りまくってましたよっと。まぁ、仕事帰りに撮ることも多いので、夕暮れ時~夜が多く、α100にとっては地獄のような条件でしたけどね。ISO800でももう高感度って感じだから(苦笑)

紫陽花 咲き乱れる

まぁ、α100というと、今となっては貴重なCCD搭載のAPS-C一眼レフということになるのですが、このCCDの特性上、条件の良い明るい時間帯なら十分な画質を得られるけど、感度を上げる夕暮れ時以降はものすごくノイズが増えるという弱点を持っています。このCCD機でのノイズ除去、Sony純正のImage Converterではうまく出来ないので、この辺はもう少しSonyに頑張って欲しいところですね。ちなみにノイズ除去はLightroom CCとPhotoShop CCを併用して仕上げています。

涼しげな夜

紫陽花は梅雨の時期に咲く花ということもあって、水色がよく似合うし、曇り空の夕暮れ時なんかはそよ風が抜けて、視覚的にも体感的にも涼しく感じられる花だと思っています。

まずは気楽に撮影が主なので、今回使用しているレンズは後に登場したキットレンズDT18-55mmを使っています。実はモーター内蔵レンズを使ったほうが、AFが苦手と言われていたα100でもすいすい決まるからという理由もあるのですが、まぁ、この暗さでは迷いまくってほとんど使い物になりませんでした。とはいえ、α100はDMFがあるのが使いやすいところですけどね。

アメリカデイゴ

こちらはアメリカデイゴの花。この樹、冬場はクリスマスツリーとして大活躍だったのですが、この時期は赤い花をつけて梅雨の季節に紫陽花と合わせて彩を添えています。とても綺麗な赤でした。それにしても今回思ったのは、α100、赤の再現は何気に強いんだよねぇ・・・ということ。結構正確に色を合わせてきてくれます。

野良野良~

そして紫陽花のそばにいた野良さん。これ、実は現像に一番苦労したんだよねぇ・・・ノイズの処理やディティールの処理と、細かく調整しないと病的なネコさんになってしまうので(苦笑) そう考えるとCMOS機はずいぶんと使いやすくなったのねぇ・・・。



最新記事