FC2ブログ

カタリナ彗星(C/2013 US10)

2015年11月29日 00:33

そんなわけで、彗星が撮れる位置に来てるねってことで、カタリナ彗星を撮影することに。まぁ、通勤途中で撮ればいっか~という安直な考えで撮影してますから本格的に・・・とは行かないけどね。まぁ、彗星を本格的に撮れる装備は持ってないけど。

夜明けの空

雲は太陽の光を浴びて、少しずつ色づいてゆく時間ですね。上の方で縦に二つ並んでいる下のほうの星がカタリナ彗星になります。いや、135mmじゃ、トリミングしてもこの程度だし、きついねぇ・・・。まぁ、コンディションを考えるとこういうものなのだと思いますが。

カタリナ彗星(C/2013 US10)

で、不満が残ったので、次の日の朝も挑戦。今度は300mmで撮影してこんな感じですね。緑色の星が彗星になります。色が違うから写真で見ればすぐに分かるんだけど、さすがに空を見上げて目立つような星ではないので、だいたい目星をつけて撮影して探すって形になるんですけどね。

彗星なので当然昨日とは場所が違っているので、星の位置もだいぶ変わっているように感じるかもしれないですね。

で、連日、コンディションを悪くしてくれたのがこちらの立待

立待月
立待月 posted by (C)Air

まぁ、が悪いのではなく、このタイミングで写真を撮っている方が悪いんですけどね。でも、雲がない条件が、このあと、明かりに邪魔されない時期にあるかというと微妙だったので、さっさと撮影してみようということにしたわけですし。まぁ、ふたご座流星群の時期にまた撮ることになるとは思うんですけどね、彗星。

スポンサーサイト



CP+ 2015 天体撮影関係

2015年02月18日 00:18

最近は夜空の写真も多く撮るようになったので、実は天体撮影機材もちょこちょこチェックしてます。

CP+直前に発表されて少しだけ話題になったのがこれですね。

Nikon D810A

私もTwitterで綺麗に撮れるけど、高いといったNikon D810Aです。やはり天体撮影専用になってしまうことや、価格の高さなどから、綺麗な写真は撮れるんだろうけど、関心のある人は少なかったみたい。ゆっくり眺めることが出来ました(苦笑)

個人的には天体撮影に向いているカメラとして、FUJIFILMのXシリーズや、Sony α7Sなども挙げられるわけで、それらと比べてどの程度か・・・というのも注目のポイントだとは思っています。価格ほどの差は無いように感じるというのが現状ですね。

ナノ・トラッカーAG

こちらはナノ・トラッカーAG。AGはオートガイドの略でしょうね。望遠レンズを使っても安心して追尾できるのは大きいと思うのですが、ポラリエとの価格差が1万円以内となると、ナノ・トラッカーAGを積極的に選ぶ理由は薄いかもしれないというのが気になるところ。ナノ・トラッカーを使って写真を撮っているので、気にはなるのですが、今のでも十分かなぁ。

レンズウォーマー

Vixenのブースにあったのはレンズウォーマー。夜、星を撮影していると結露対策などが必要になるのは事実なので、手軽にレンズを暖められるアイテムは便利で良いですね。今は電動カイロや桐灰カイロをレンズにあてて対策していましたからね。安価にリリースされるなら欲しいところです。



最新記事