AUKEY PL-A4

2017年03月17日 00:05

というわけで、変デジ研究所さんの企画で、AUKEYさんのPL-A4をいただいたので使って見ました。

AUKEY PL-A4
 AUKEY PL-A4 posted by (C)Air



 これはスマートフォン用のレンズで、iPhoneやXperiaで使えると書かれています。

 が、基本的にスマートフォンであれば、どのモデルにも使えるので、isai vividで
 さっそく使ってみました。まぁ、写真向けに特化したスマートフォンなので、この
 手の撮影は楽しいですからね。


オオイヌノフグリ

まずはマクロ。24Xマクロで撮影したオオイヌノフグリです。中心部の解像力は十分で、背景のボケも十分としっかりマクロレンズしているのが特徴といえば特徴ですね。スマートフォンでここまで背景がボケるのは見事だとは思います。

ナズナ
ナズナ posted by (C)Air

こちらはナズナ。春の七草の小さい花が集まっているあの花、それを24Xマクロで撮影しています。こういった花をまじまじと見る機会自体が少ないと思うので、こういった写真がスマートフォンで撮れるのは楽しめると思います。

が、isai vividではピントがなかなか合わないという弱点もあり、カメラを近づけたり遠ざけたりするので大変でした(苦笑) これがなければもうちょっとマクロは勧めやすいんですけどね(笑)

超広角で河津桜

好き嫌いが分かれる描写になるのがこの広角。レンズ周辺部は完全に流れてしまっているので、こういった被写体に接近して撮影するようなケースは得意とは言えない状況ですね。ただ、日の丸構図で中心に主役を持ってくると、それはそれで強調されて面白いのですが。

河津桜 魚眼

そして魚眼。個人的にはこの魚眼が面白くて好きだな~。一眼レフとは流石に比較できないのですが、このレベルの解像力で魚眼というのは気軽に楽しめるアイテムという印象ですね。

魚眼は毎日持ち歩くのでも楽しいかも。

スポンサーサイト

風の強い日は・・・

2017年01月22日 22:33

風の強い日は景色は良いのですが、まぁ、寒いです。

寒いんだよね。

ムクドリもこんなに丸くなってますからねぇ・・・(苦笑)
飛びにくそうだけど、頑張って飛んでました(苦笑)

空にそびえる樹

そして埼玉県からでもスカイツリーが良く見えるのが風の強い日。雲の広がりと青空、そしてシルエットが見事ですね。電線がなければもっと良かったんだけどねぇ・・・。

ジョウビタキ(メス)

オスは見かけなかったけど、メスなら見かけました。うまく風を避けて、低いところを移動しながらご飯を食べていました。オスほどの華やかさはないのですが、綺麗な鳥ですね。

時間とともに変わる光景 -奥秩父 中津川渓谷-

2016年12月01日 23:00

渓谷・・・というか、風景で特にポイントになるのはやはり時間とともに色も見え方も変わっていくところですね。なので、同じ道を通って帰るにしても新しい発見があるのが、楽しめるポイントです。


朝は雲も多いし、明るさが足りなくても、昼過ぎには明るくなっていますからね。なので、朝は気にならなかったこんな風景も、絶景ポイントに変わるのが良いところです。

爪痕と紅葉

朝はこの崩れたところは影に入ってしまっていて気にならなかったのですが、午後になって気持ちのいい風景を見せてくれました。

自然の力

崩落は良いとは言えないのですが、それでも崩落した後と、その周囲の樹々はやっぱり綺麗だと思いますしね。この風景が気軽に見れるのが奥秩父の魅力ですね。

秋のカエデ

秩父の特産品はカエデの樹液を使ったメープルシロップですが、この地域でもカエデをちらほら見ることができます。メープルシロップ用に採取しているのはこの辺りではないと思うけど、奥秩父はカエデが比較的多い地域なので、斜面に赤のワンポイントを置いてくれます。

中津川
中津川 posted by (C)Air

樹々の間からみる川の流れも、光の反射が見事になるのが午後です。夕方になると今度はカラマツの林が金色に染まるので、時間が許すのならバンガローを借りて、のんびりするのも良いところですね。

渓谷の紅葉

そして逆光での撮影。かなり厳しい条件だったので、ハレきりを丁寧にやって、あとは逆光耐性の優れたレンズを信じてシャッターを切るだけなのですが、個人的には気持ちよく撮影できた一枚になりました。やっぱりこれくらい撮れると楽しいですね。

紅葉 -奥秩父 中津川渓谷-

2016年11月27日 15:21

今回は紅葉と書いてもみじです。

風ににじむ・・・

秩父はもみじ、かえでの比較的多い地域だったりするわけで、まぁ、中津川周辺はそれほど多いとは言えないまでも、やはり印象的な樹ではあるんですね。


身近で撮れる紅葉はそれほど多くないのですが、そういった紅葉にはたくさんの人が集まって写真を撮ってます。やはり紅という色は秋を象徴する色だからでしょうか。

女郎紅葉

その中でも人気になるのが、この女郎紅葉中津川渓谷の顔ともいえる樹で、何となく紅葉の見ごろもこのもみじを基準に考えられているような気がします。たくさんのカメラマンが集まるのもここですね。まぁ、もう少し渋滞が無くなると良いんですけどねぇ・・・。私みたいに歩いて回っている人は意外と少数派なので。

紅葉
紅葉 posted by (C)Air

まぁ、これほどの赤は、東京近郊で見ることは比較的難しいともいえるので、人気が出るのもわからなくはないんですけどね。12月には山梨方面に抜けることができなくなるため、静かな季節がやってきます。

渓谷を往く -奥秩父 中津川渓谷-

2016年11月27日 02:10

渓谷を往く

渓谷歩きの楽しさはやっぱり、川が削り取った跡と、そこに新たに生えてきた樹木を見ることができることですね。なので、立体的に樹々が生えてくれているので、写真も迫力のあるものが撮りやすかったりします。


渓谷は風が抜けるので、ハラハラと葉が落ちてくるのが楽しめるのもうれしいところですね。河原での撮影でしたが、水の流れる音と、葉が落ちてくる音は印象的でした。

ハイキングコースからの眺め

ハイキングコースからでも紅葉が楽しめるところでは、中津川渓谷は誰でも楽しめるところですね。なにぶん普通にスニーカーで歩き回れるので気軽に楽しめますからね。まぁ、歩くので、それなりの体力は必要なんですが(苦笑)

まだ、陽は東に。

渓谷での撮影は太陽の位置を常に気にしての撮影がほとんどです。まぁ、陽が照らしてくれる時間が意外と少ないですからね。で、陽が照らしてくれても、ケースによっては見事な逆光条件を満たしてくれます。なので、ハレ切り用のアイテムを持って行った方が撮影は楽ですね。



最新記事