FC2ブログ

入笠山

2019年11月18日 23:48

まぁ、またしても過去撮影の更新ですね。こまめに更新しないとなぁと思いながらのんびり更新です。

そんなわけで入笠山行ってきました。と言っても9月の話ですが(笑)


麓から八ヶ岳を眺めながらロープウェイで途中まで登ってしまいます。下から登ることを目的としているわけではないので、楽に進めるのがうれしいですね。


基本はスキー場の上まで進んでから歩くことになるのですが、ちょっとした花畑が整備されています。この辺りは高原の定番ですかね、ロープウェイを降りると大抵は整備されているような気がします。これはエンビセンノウですね。入笠山の花図鑑に載ってはいなかったので、よそから持ってきたものなのかも。


歩いていて思ったのが、トリカブト、多いなぁ・・・と(笑)
これはホソバトリカブトだけど、個人的にはヤマトリカブトの方が好きなので、少しだけがっかり。色合いが違いますからね。


季節的にはエゾリンドウが見ごろを迎えつつあった時期です。これが入笠山での見どころの一つになると思っています。入笠湿原ですね。


湿原の中は雲がかかっている状態で、それはそれで幻想的な光景を楽しめました。山の中の湿原という感じで、イメージ的には戦場ヶ原に近いかな?尾瀬ほどの水はありませんでした。



岩場に咲くノコンギクは可愛かったですね~。ちょこっと雨降りだったので、滑りやすさはあるのですが、岩場の方が平たんなルートを進むよりも歩きやすかったです。(帰りに平たんなルートを選んで滑りまくった・・・)
まぁ、岩場を進んだ方が山に登った感はあるんですけどね(笑)




山頂からの風景は見事だった・・・と言いたいところなのですが、基本雲の中で雲が途切れた十数秒で狙って写真を撮るというのを繰り返しました。まぁ、写真だけ見ると絶景だったと言いたいところですが、堪能する時間はなかったのです・・・(苦笑)

まぁ、今度は夜、星を見ることも目的の一つにしてきてみたい場所でしたね。良いところです。

スポンサーサイト



秋田駒ヶ岳

2019年09月21日 11:07

8月頭の話を今頃更新するなと言われそうだけど、秋田駒ヶ岳、行ってきました。
交通規制もあるので朝5時には駐車場に入れることを目指して進みます。天気がわからないのは山は仕方のないところですね。


で、まぁ、あいにくの天気でした。カメラは平気だけど、さすがにマクロレンズは防滴仕様じゃないんだよね・・・ということで、山の中ではすべてXperia1に撮影を丸投げしてました(笑)


ちなみに駐車場にはマルバキンレイカ(かな?)が咲いてましたね。小さな花だし、山では一般的に見ることのできる花ですが、綺麗な花です。

田沢湖

そんなわけで写真はそれほど撮らずに田沢湖まで降りてきました。
下の方は良い天気というのも山ではよくある話ですね(苦笑)


ちなみに田沢湖ではアユかな?群れで泳いでるのが見れて楽しかったですね。透明度の高い湖なので水の中の世界も楽しむことができるのはうれしいところです。


こちらは御座石神社の鳥居ですね。田沢湖に面した大きな鳥居です。こちらも迫力があってなかなかでした。


このあたり、鏡石を見に行くなど少し山の中にも入れるのですが、これがなかなかいい森林浴ができるポイントでした。天気が良く、そよ風が吹いている程度の中での森林浴はやっぱり気持ちがいいですね。ああ、坂はそれなりでしたが(苦笑)


そして、まだこの時期でもヤマユリが咲いているんだなぁ・・・というのがちょっとした発見でしたね。ヤマユリ、関東では6月にはもう終わっちゃいますから、8月でも見ることができるというのはちょっと驚きでした。まぁ、紅葉なんかも大きく季節がずれるので、地域によってだいぶ変わるんですけどね。


そして、その日の宿からの田沢湖の眺め。
この日はほんとにXperia1が大活躍した一日でした(笑)

Xpeira1 購入したのでレビューを。

2019年08月01日 14:09

Xperia1を発売日に購入して、使いまくった限りでのレビューを。
まぁ、基本的に写真がメインの人なので、写真、動画にフォーカスしてまとめてみたいと思います。

Xperia1レンズ

トリプルレンズ構成は最近のトレンドに沿ってきたのかな~という印象も受けるけど、並びは35mmフィルム換算で上から順に26mm(実距離4mm)、52mm(実距離6mm)、16mm(実距離2㎜)になっています。標準、望遠、広角なんて言われていますが、これはスマートフォンの感覚ですね。センサーは、上から順に1/2.6積層型裏面照射、1/3.4、1/3.4となっており、標準以外のレンズはSamsung製と噂されていますね。

で、実際に撮ってみた印象は・・・というと、どれも悪くない。というのが印象です。

標準と言われているレンズは高速読み出しができるセンサーですので、バーストモードでの撮影が楽しい。

おもちゃキャッチ

背景が汚いのはちょっとごめんなさいってことにして、猫が遊んでいるところをしっかり連射でとらえられるというのは、スマートフォンでは運が良ければ・・・というレベルだったものが、それなりに撮影できるようになってきているのは良いところですね。これはほんとに便利。

雨のお出かけ

また、この標準レンズはRAWでの記録にも対応しているので、Lightroomから撮影すれば、DNG形式で写真を残すことができます。なので、雨の日の撮影など、条件が悪い時でもそれなりに撮れるというのは、大きなメリットですね。
RAWでの記録は、RAW現像の技術が進化することで、古い写真も最新の技術でまとめなおせるという点が良いと思っています。

望遠はこんな感じ。

紫陽花
紫陽花 posted by (C)Air

ボケ機能を有効にして撮影していますが、このボケも従来のスマートフォンのボケコントロールよりは自然に表現できるようになっています。ただし、ほかのメーカーのF1.2などの明るいレンズを搭載したモデルの方がぼけ方は自然なので、これは人の好みによる部分が大きいですかね。

アパガンサス

こちらもボケコントロールを使っていますが、被写体から少し離れて撮影するとそれなりに自然にまとまります。おそらく狙っているのは一眼レフのボケを想定しているのだと思うけど、さすがにまだまだなところが大きいですね。

そして広角レンズ。

朝日を浴びて

個人的にはスマートフォンに使われるものとしては、文句なしですね。一眼レフやミラーレスに比べると、解像が足りてないと感じる部分はあるにはあるのですが、少なくとも、スマートフォンの画面や、プリントで楽しむ分には問題はないレベルになっていると思っています。これもRAWで撮影できれば良かったのに。

そして動画機能ですが、Xperia1にはCinema Proというアプリケーションが搭載されています。個人的には面白い試みだと思うし、楽しいと素直に思えるアプリですね。使い方はこんな感じ。
厚木に協力してもらったというレベルのアプリケーションにはなってます。


これで手持ち、手振れ補正なしで撮影しています。動画撮影としては面白いと思ったので、今後も使っていくと思っています。動画を撮ってみて面白いと感じたので、ジンバルも買ったしね。縦方向の解像度が足りていないので、Youtubeでどう判断されるか気になったところですが、ちゃんと4Kで認識されました。また、Xperia1でもフル画面で表示されますね。

さて、そんなわけで、ダメだと思ったところを。

接写が苦手。
もう、これは正直困りました。どうにもピントが合わないケースがあるわけで、これは要改善ですね。おそらくファームウェアで何とかなると思っていますが・・・。

バーストモード撮影、Cinema Pro撮影時は内蔵ストレージしか使えない。
高速読み出しが必要なケースは理解するんだけど、それらを考慮してUHS Speed Class3に対応したSDXCを購入しているわけですよ。それを使わず、内蔵ストレージで何とかしろというのはちょっと無理がありすぎる話。内蔵ストレージは64GBあるといっても、ちょこっと4Kで動画を撮影すればすぐに4GBは超えてしまうのです。64GBは足りないとしか言えないですね。

Cinema Proの編集アプリが限定される。
Cinema Proで使用されるコーデックは再現性が高い分、使える編集ソフトが限定されます。メーカーが動作確認しているのはAdobe Premiere Proと、DaVinci Resolveって何考えてるんだろう・・・と思った次第。動画を楽しむにはちょっとハードルが高いよね。ちなみにWindows標準のメディアプレーヤーでは動画を正しく再生できません。

標準のカメラアプリでは21:9の比率は選択できない。
これは写真も動画もですね。写真も動画も21:9で撮影できることはある程度想定してもらわないと困ります。開発者インタビューで今後21:9の動画も増えてくるはず・・・とコメントされていたけど、シャッタースピードオートで撮影できないCinema Proは一般の人からしたら使いにくいだけですし、標準のカメラでの動画撮影でもサポートすべきと感じます。写真撮影でも同じくですね。

ストレージの件は切実なので、何とかしてほしいところですが、何とかソフトウェアアップデートで修正できませんかね?

一ノ釜

2019年06月09日 16:45

山梨県というと、七ツ釜五段のがやはり有名ですが、あの近辺、実は他のもいろいろとあるのです。少し下ったところにあるのが、一ノ釜といわれる三つの。駐車場が小さいし、道も狭いので気づかれにくいかもしれませんが、ここのもなかなかです。

釜沢の滝 つり橋から

岩肌を滑るように降りてくる釜沢の滝です。この滝、新緑の中を落ちてくる様がとてもきれいな滝ですね。個人的にはつり橋の上からのアングルが最高だと思ってます。このアングルだと長いシャッターは切れないのが難点ですが、それでも十分綺麗に写ります。つり橋、かなり揺れるんですけどね(苦笑)

一ノ釜 女滝

そしてつり橋を渡る前から見えるのが、この女滝。落差はそれほどではありませんが、流れが速く、また幅もそれなりに感じる滝なので、綺麗に見える滝ですね。水の色と相まってよりきれいに感じます。

この滝に近づくポイントから見上げると、

滝へ続く崖

暗がりの中、険しい岩肌が姿を見せます。ちょうどこの岩肌の上が道路になっていて、そこを通って滝に向かう道を降りてくるんですね。岩肌はもちろんすごいのですが、この中にも植物がたくさん生えていることが力強さを感じさせます。実は岩肌を見るの、好きなんですよね。

一ノ釜 男滝

そしてつり橋を渡ると男滝を見ることができます。この滝は少し岩の奥に入り込んでいるので、正面まで回り込まないとみることのできない滝ですね。なので、つり橋が苦手な人だと見るのが厳しい滝だったりします。こちらも迫力のある滝なのですが、奥に入っている分、迫力を感じにくい滝ですね。

美の山公園のツツジ

2019年05月04日 23:43

というわけで久々の更新になりました。
昨年夏に帯状疱疹にかかって、体力回復まで時間がかかりました。

写真はちょこちょこと撮っているので、機会があれば・・・ということで、今回は美の山公園ツツジです。

ツツジの森

一部だけを見ると良い感じなのですが、全体でみると花の付きがイマイチ。来年はもっと赤く染まってくれると嬉しいんだけどね。

ツツジ
ツツジ posted by (C)Air

ツツジは形が良いものも多いので、ここはマクロレンズで撮るのも楽しいところですね。今回は50mmで撮ってます。ここは花に近づけるという点でも、50mmが使いやすい場所なので。

フデリンドウ

ツツジ以外も実は花は咲いているので、いろいろな花を探す楽しみがあります。
これは、階段のところに咲いていたフデリンドウ。小さな花だし、気づかずに踏まれてしまうこともある小さな花ですが、綺麗な色と形で楽しませてくれます。足元を気を付けながら歩きたいと感じる花ですね。

シャガ
シャガ posted by (C)Air

定番はシャガ。公園に結構咲いているのでよく見かける花ですが、この花の形と色が好きです。

杉の森を抜けて

杉の森を歩いて、公園に向かいます。
杉花粉の季節は避けたいところだけど、今の季節なら涼しさを感じさせる風景ですね。見上げた空の高さを感じることができる良い風景です。



最新記事